ぽんぽこ書房 小説玉石編集部

著者 :
  • 光文社
3.86
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334912796

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しんどい……しんどすぎて泣きそう

  • 文芸誌の編集者の日常を描くマンガエッセイ(の範疇に入るのかな?)ですが、私は普通のエッセイのように読みました。同系列の「重版未定」同様、出版業界を熱く語るのですが、本好きはもとより、それらに詳しくない人向けにもト書きで細かく説明されています。そういう意味合いでもマンガを読んでいるというより、読み物を読んでいるという感が強いです。
    その中からとても気 になった一文をひとつ。現在の出版業界の低迷、閉塞感の一因として「新しい本を作ることに日夜悪戦苦闘し、旧い本を顧みることをしなくなったからだ」としています。そして最終的に割を食うのは他でもない読者であると。
    当たり前だけれど、読書はどうあがいたところで極私的なことであり、あなたの趣味と私のものは違うものであり、なおかつそこに優劣もない。ただ、世の中には自分と似たような趣向やものさしを持っているひともいるわけで、それらに向けてなんらかの情報の発信や共有することで、なんとか本を取り巻く環境が良くなればと願うのです。
    そして作者もそんな登場人物の悪戦苦闘を通じて文学に対する願いに近い想いを伝えています。それ以前に面白い作品です。
    そしてついでに・・・、よいしょではなく、一海外文学ファンとして「海外」でなおかつ類稀な「旧い」本の容れ物である光文社古典新訳文庫に熱いエールを贈ります! 78

  • ワンマン社長が下した突然の休刊宣言――文芸誌は滅びてしまうのか! ? 編集者のリアルを真っ正面から描く、“胸アツ"な業界お仕事漫画! 「小説宝石」と「cakes」で掲載された人気連載全18話に、書下ろしのおまけ漫画と各話解説を加えた待望の単行本化!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1981年生まれ。埼玉県出身。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。作家・編集者、昭和女子大学非常勤講師。東京工業大学非常勤講師。主な著作に『ネットカフェ難民』『知識無用の芸術鑑賞』(ともに幻冬舎)、『若者はなぜ正社員になれないのか』(筑摩書房)、『自殺しないための99の方法』(一迅社)、『小幸福論』(オークラ出版)、『はじめての批評』(フィルムアート社)、『流されるな、流れろ! 』(洋泉社)、『重版未定』『重版未定2』(ともに河出書房新社)、『編プロ☆ガール』(ぶんか社)、『労働者のための漫画の描き方教室』(春秋社)、『書くための勇気』(晶文社)、『ぽんぽこ書房 小説玉石編集部』(光文社)などがある。

「2019年 『無意味のススメ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぽんぽこ書房 小説玉石編集部のその他の作品

川崎昌平の作品

ツイートする