展望塔のラプンツェル

  • 光文社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334913045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 展望塔が見下ろす町で生きる「子」を中心に描かれる物語。

    心まで殺される、そんな日常に晒されている子供達が今この瞬間に存在することを改めて突きつけられた思いだ。

    子は死ぬために生まれるわけじゃない…家族だから…それぞれの立場の言葉が次々とせつなく突き刺さる。

    自分の人生は自分のもの、自分の力で自分を救うしかない。それでも誰かを救ったり、救われるおとぎ話をそっと胸に生きる「晴れた海の渚」の思いに涙が止まらなかった。
    哀しみから驚きへ、展望塔が見下ろすから見守るへと変わるような読後感。
    ここに宇佐美さんらしい小さな魔法を感じた。

    • けいたんさん
      こんばんは(^-^)/

      ラプンツェル懐かしい。
      高校の時の英語の教科書にあったよ。
      内容は怖いね。
      ラプンツェルが絡んでくるの...
      こんばんは(^-^)/

      ラプンツェル懐かしい。
      高校の時の英語の教科書にあったよ。
      内容は怖いね。
      ラプンツェルが絡んでくるのかな?
      宇佐美さんは未読だけど面白いのかな?
      2019/10/14
    • くるたんさん
      けいたん♪おはよう♪

      これはラストは良かったんだけど、最初からきつかった。
      虐待に貧困と…けっこうつらい。
      でも最後まで読んで良かった作品...
      けいたん♪おはよう♪

      これはラストは良かったんだけど、最初からきつかった。
      虐待に貧困と…けっこうつらい。
      でも最後まで読んで良かった作品だよ。
      ラプンツェルのおとぎ話をちょっと絡めてあるところはせつない。

      宇佐美さんは「熟れた月」がけいたんにはおススメかな。ダークな部分もちょっとあるけど、ラストが良かった٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
      2019/10/14
  • 児童相談所に勤める松本悠一。実の兄から性的虐待を受け続ける少女那希沙。不妊治療に必死になって自分を見失いつつある主婦郁美。
    多摩川、という土地で虐待を受ける「幼児」にかかわるそれぞれ三人の物語。
    仕事として日常的にかかわる悠一には悠一にしか見えない世界があり、自分自身が被虐待児であったにもかかわらず見ず知らずの幼児の世話をする那希沙には那希沙にしかできないことがあり、自分の子どもを持つことのできない郁美には郁美なりの思いがある。

    虐待には身体や心を傷つける、世話をせずに放置する、などいろんな種類があるが、そのどれをとっても子どもにとって不幸でしかない。虐待が度を過ぎて命の危険にさらせれることも多い、実際死に至ったニュースのいかに多いことか。その度に、児童相談所は何をしていた、公的機関の介入は適切だったのか、近所の人は気付かなかったのか、と怒りを覚える。
    けれど、問題はそんな簡単なことではない。実際に虐待を受けているはずの子どもがそれを否定し、家族とともにいることを望んでしまうことも多いから。それが、「家族」であるがゆえ、というのが何とも痛ましく切なく悲しいが。
    他人であり素人であり部外者である私たちそれぞれにはできることとできないことがある。
    だけど、何もせずに遠くから正義の拳を振り上げて批判だけする「他人」にはなりたくない。
    少し気を付けてみれば、自分の周りにもいるはず。声をかける、気を付けて見守る、それだけでも何もしないよりはましだろう。見ているよ、というメッセ―ジ。虐待をする側にもされる側にも伝わるように。
    と、書いてきて、ネタバレなので触れずに置いたある驚き。
    この驚きあってのこの物語である。単なる虐待する親許せない!虐待される子どもかわいそう、だけど希望を捨てずに生きていく姿に感動、なんて一枚の絵じゃない驚き。
    ある箇所で気付く。「はっ!そういうことか!そういうことだったのか!」と世界がすとんとまとまるカタルシス。
    宇佐美まこと。すごい。

  • 宇佐美さんの作品は初期から読んでる。内容は目新しくないがしっかりした文章で読み込ませてくれた。
    今回のは、既に多くの作家が取り上げてきた分野と同じなので、またか〜っと思いがなくもない。

  • 労働者相手の娯楽の街として栄えた多摩川市は、貧困、暴力、行くつく先は家庭崩壊と、児童相談所は休む暇もない。この荒んだ地域に寄り添って暮らすカイとナギサは、街をふらつく幼児にハレと名付け面倒をみることにする。居場所のない子供たち。彼らの幸せはいったいどこにあるのだろうかーー。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

愛媛県生まれ。2006年『るんびにの子供』で第1回『幽』怪談文学賞〈短編部門〉大賞を受賞。17年、ミステリー小説『愚者の毒』で第70回日本推理作家協会賞〈長編および連作短編集部門〉を受賞する。日常に潜む怪異を描き、恨みや妬み、欲や貧困など、人の心の闇や怖さを浮き彫りにしたミステリーが高く評価されている。

「2017年 『角の生えた帽子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

展望塔のラプンツェルのその他の作品

展望塔のラプンツェル Kindle版 展望塔のラプンツェル 宇佐美まこと

宇佐美まことの作品

ツイートする