お誕生会クロニクル

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334913663

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小学生の頃に実際にやっていたお誕生会を思い出し、郷愁にふけってしまいました。
    私の世代ではお誕生会は頻繁に行われていました。
    特に女の子のお誕生会にお呼ばれした時のうれしさに思いにふけってしまいました。短編なのに前のお話に出てくる人物が出てきて楽しんで読みました。
    お誕生会を知らない世代にぜひ読んでいただきたい作品です。

  • 誕生日、それはきっと、誰もが自分自身と向き合う日だ。お誕生会が禁止された小学校、お誕生会好きの会社の上司、3.11に祝うお誕生会、認知症の母が祝ってくれた誕生日……"お誕生会"をめぐる人間模様を描く、心に沁みわたる全七編。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。映画会社勤務を経て、中国語翻訳者に。第五回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、二〇一一年にデビュー。二〇一七年『フラダン』で第六回JBBY賞(文学作品部門)を受賞。他の著書に『赤道 星降る夜』(小学館)、『キネマトグラフィカ』(東京創元社)、『マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ』『女王さまの夜食カフェ マカン・マラン ふたたび』『きまぐれな夜食カフェ マカン・マラン みたび』『十六夜荘ノート』(中央公論新社)等がある。

「2018年 『さよならの夜食カフェ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古内一絵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×