怪しい人びと

著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (1994年2月発売)
3.14
  • (1)
  • (9)
  • (36)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :135
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334922306

怪しい人びとの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【怪しい人びと】 東野圭吾さん

    俺は同僚の片岡のデートのために一晩部屋を貸してあげた。その後、そのことを片岡から聞いた2人の同僚、本田と中山にも部屋を貸すことになってしまう。3 カ月後のある日、いつものように、車から部屋に戻ると、見知らぬ女が寝ていて…。(「寝ていた女」)あなたのそばにいる優しい人が、いつの間にか怪しい人 びとに―。著者ならではの斬新なトリック満載の傑作推理集。(アマゾン「BOOK」データベースより)



    結構古い本だ、、東野圭吾さんの古い本は全て読んだつもりだったけどこの本には全然気づかなかった。。さくさく読めて、どこでも読む事を辞められる短編集。very good!でした。

  • 短編なので読みやすく、あっさり読み終わりました。
    「甘いはずなのに」は偶然にTVで見ていたので、この話しってるなぁ~って思いながら読みました。
    見るより読むほうが楽しいです。

  • 「ミステリー」は殺人じゃなくても面白いとわかる本です。
    短編なのでコンパクトではありますが、上手い引っかけやどんでん返しがあって、読後感がとても良かったです。

  • 寝ていた女/もう一度コールしてくれ/死んだら働けない/甘いはずなのに/灯台にて/結婚報告/コスタリカの雨は冷たい/の7編の短編集。

    どれも、30ページ位の短編だが、惹き付けられて、プッと吹出したり、切なくホロリとさせなれたりと これが、東野worldなのかなと思った。
    タイトル通り『怪しい人びと』ばかりいた。楽しませてもらった。

  • 短編集。

  • いつに読んだのか不明。

  • 安濃町図書館。

  • 短編集。
    1日でさらりと読め、楽しめました。
    東野さんらしく「どうして~?」「どうなっちゃうの~?」的なしかけが満載です。
    あまり記憶に残ったストーリーは正直ないのですが、電車の中で気軽に読むにはいいかも、です。

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/5881378.html)
    (収録作品)寝ていた女/コスタリカの雨は冷たい/死んだら働けない/甘いはずなのに/結婚報告/もう一度コールしてくれ/灯台にて

  • 東野圭吾さんお得意のコミカルサスペンス。「灯台にて」が面白かった。

全14件中 1 - 10件を表示

怪しい人びとのその他の作品

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする