うわさ

著者 : 小池真理子
  • 光文社 (1996年2月発売)
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334922627

作品紹介

"あのひとは人殺し"そんな"うわさ"が立ったから、私はヘルパーを辞めざるをえなかった。あのとき駒井さんのおばあちゃんは、もう死んでいたのよ。近くに買い物に行ったわずかな時間に。仕方ないから、いまは静かにしてスーパーでパートをやってる。四十九歳だけど、からだには自信があるし…。ほら、いまも向かいのマンションから、若い男が私の着替えを覗き見してるわ。構やしない。私の楽しみはただひとつ。勝手知った元の雇い主の家に忍び込んで…。女のこわさ、やさしさに迫る、新直木賞作家のホラーミステリー。

うわさの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (収録作品)災厄の犬/独楽の回転/ひぐらし荘の女主人/うわさ

  • 図書館にて借りました。

    人の噂も75日・・・て嘘だと思う。
    「独楽(こま)の回転」は気もちすっごく解る!!
    嫌だもん!!!
    「ひぐらし壮の女主人」は確かにこーゆー人っている。
    才能だと思う。

  • 怖かったーーー。。。
    特に犬の話はほんと気持ち悪かった。
    みんな上手くいかない…という印象。

  • 中編小説4つが入っています。

全4件中 1 - 4件を表示

小池真理子の作品

うわさはこんな本です

ツイートする