見知らぬ妻へ

著者 : 浅田次郎
  • 光文社 (1998年5月発売)
3.29
  • (8)
  • (37)
  • (98)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :238
  • レビュー :47
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334922979

作品紹介

愛しているから、別れるあなたへ。浅田次郎が魂を込めて贈る8つの涙の物語。

見知らぬ妻への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 5年前に離婚し、東京のボッタクリバーに客を回す仕事をしている花田は、手配師の土橋に頼まれて、中国人女性と結婚することになるが…。
    表題作「見知らぬ妻へ」のほか、7編を収録した短編集。
    (アマゾンより引用)

    この人の短編は読みやすいなぁ(*゚▽゚)
    どの話もなかなかやった(*´∀`*)

  • 2015.6.7

  • 知人が好きな作品だと聞き読んでみました。

    浅田次郎さんの作品はセンチメンタルなものが多いなと感じた。

    底辺において社会主義の回復というより社会主義が否定された社会においてセンチメンタルなカタルシスがあるような作品が多い。

    偶には人のおすすめを読むのもいい。

  • 「ファイナル・ラック」。馬券を見て、昔読んだことがあったと気づいた。唯一、ハッピーエンドの話。

  • 「スターダスト・レビュー」と「うたかた」が特に良かったけど、全編を通して良かった。

    でも「スターダスト・レビュー」の終わり方がイマイチ納得出来ないんだよなぁ…。
    あれって、音楽と決別するために指を切るのか手を切るのか分からないけど、とりあえず傷つけるってことでしょ。
    そうまでしなきゃ、いけないのかな。

    結構時代錯誤な話もあるけど、それは浅田次郎作だからなのかどうなのか…。

    そういえば、「ファイナル・ラック」は、「地下鉄に乗って」に少し似てるなと思った。まぁタイムスリップするところだけだけどね。

  • すさんだ生活、過去との決別、死者との邂逅・・・。これぞ浅田次郎といった感じの8つの短編。

  • ・「かくれんぼ」「金の鎖」と表題作「見知らぬ妻へ」が良かった。「見知らぬ妻へ」は読んでる間自然とながやす巧の絵柄でイメージしてたんだけど、これ漫画化されてた?雰囲気ピッタリだわ。

  • まあまあっす

  • なんていうか、思ってた感じと全然違いました。面白くないわけでも、嫌いなわけでもないんだけど、求めてたものとは違ったなという感じ。長編が読みたい気分なのだ。

  • 高校時代知り合った踊り子の出会い、子供の頃の遊び仲間、団地に一人残され孤独死した老婆と孫、競馬で謝金をし銀行の金を使い込み自殺した大学時代の親友、日本に滞在させる為に偽装結婚した中国の女、やさしくもせつない涙の物語短編集。
    「うたかた」はとくに身につまされ寂しく悲しくなった。

全47件中 1 - 10件を表示

見知らぬ妻へのその他の作品

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

見知らぬ妻へに関連する談話室の質問

見知らぬ妻へはこんな本です

見知らぬ妻へを本棚に登録しているひと

ツイートする