劫尽童女

著者 : 恩田陸
  • 光文社 (2002年4月発売)
3.06
  • (13)
  • (34)
  • (189)
  • (33)
  • (5)
  • 本棚登録 :428
  • レビュー :67
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334923587

作品紹介

この世のものならぬ真実。我々の持ち得ぬ叡智。-この少女は人間なのか。

劫尽童女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本はどんなジャンルに分類されるんだろう?
    恩田陸さんの作品という感じがしなかった。
    恩田陸さをんは好きだけど、たまに ? と思う作品もあって、でも、この物語はおもしろかったです。こわい場面もグロい描写もあったけど。デザイナーズ・ベビーってこれから先の未来を考えるとあり得ない話ではないのかも。

  • 万人受けはしないだろうけれど、ある意味恩田さんらしい作品。ラストの余韻とか。しかし恩田さんの作品には「永遠の少女」が欠かせないのだな、と思う。

  • 人間を超えた力を持って生み出された少女の壮絶な人生の話。おもしろかった。

  • この世のものならぬ真実。我々の持ち得ぬ叡知。伊勢崎博士の娘・遥は、特殊な能力を持つがゆえに「ZOO」という組織に追われる日々を送っている。
    望む望まぬにかかわらず否応なしに周りは変化していき、遥の手は血に染まっていく。彼女がたどり着く場所はあるのか?

    「ZOO」とは何なのか、博士はなぜ娘を実験の対象にしたのか、遥がたどり着いた場所とは何だったのか、その時遥を呼んだ声は誰のものだったのか・・・など、謎が残る。
    巨大な組織から追われ続ける少女の絶望が読んでいて痛々しかった

  • 動物的特殊能力を掛け合わされた、天才ハイブリッド少女・遥。
    特殊機関の追跡者・ハンドラー。
    両者のチェイスを楽しむ小説。

    シスターの「神は寛大なのよ」のくだりが一番面白い。

  • 前に読んだ『龍は眠る』とはまた違った能力者もの。
    女の子の葛藤と彼女を取り巻く過酷な環境。アレキサンダーに『マルドゥック・ヴェロシティ』のオセロットを見た気がしましたが、最悪の展開は避けられたようです。
    終わり方が凄く好きですね。少女が結局報われたのか否か、微妙なところがいい感じです。

  • このひとの書くファンタジーは好きです。ファンタジーである根底の、日常からの逸脱が悲しいから。本質的に、何らかの責務と孤独を背負っていることをきちんと示してくれるから。
    遥のような力をもつ者の苦しみと絶望と、それゆえに選ぶ道とその先の光を、こういう言い方は変かもしれないけれど、等身大に描いているような気がするから。
    最後、涙が止まりませんでした。

  • この人の本を初めて読んだ。筒井さんチック。
    少女が主人公のSF。
    何回も前のページに戻って登場人物の言動を再確認して面白く読めた。

  • h19.8/7

全67件中 1 - 10件を表示

劫尽童女のその他の作品

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

劫尽童女を本棚に登録しているひと

ツイートする