永遠の咎

著者 : 永瀬隼介
  • 光文社 (2003年2月21日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (469ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334923877

作品紹介

愛する者のためなら鬼にも悪魔にもなれる。母性の通念を打ち砕く衝撃作。

永遠の咎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • #読了。夫を友人に殺され、一人息子を無認可の保育所に預けながらホステスとして働く綾乃。そこで出会った3人の男女が、殺人犯の轡田に巻き込まれ犯罪に手を染めるが。ディテールよりもパワーで一気に読ませるような作品。

全1件中 1 - 1件を表示

永遠の咎のその他の作品

永遠の咎 (光文社文庫) 文庫 永遠の咎 (光文社文庫) 永瀬隼介

永瀬隼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

永遠の咎はこんな本です

ツイートする