くつしたをかくせ!

著者 :
制作 : 羽住 都  Aliy Lickfold 
  • 光文社
3.38
  • (71)
  • (84)
  • (330)
  • (21)
  • (5)
本棚登録 : 915
レビュー : 128
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784334924140

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あとがきが、素敵すぎる。

  • おいおい…ガッカリだぜ、乙一さんよ…って感じの一冊。先だって読んだ、コラボ漫画のときにも残念さを痛感したけど、今回もまたか(苦笑)。ただし絵は秀逸で、それだけをパラパラめくる分には、華やかな気分になれて良いかも。いかんせん、物語のダメさでぶち壊し。他ジャンルに手を出さず、小説業に専念して欲しいと願います。ただでさえ、色々名義があって大変なんだから。

  • 乙一さんが書く絵本ってどんなのか想像できなくて、わくわくしながら読みました。住んでいる場所も環境もそれぞれ違う子たち皆にちゃんとサンタさんからおくりものは届いたみたいでよかった。絵は「きみにしか聞こえない」で表紙を描かれていた方ですね。どちらも可愛いけど、絵本の絵の方が好きです。乙一さんの小説はあとがきも面白くて好きなんですが、この絵本ではあとがきからプロフィールまでお二人に楽しませてもらいました。

  • 20160805

  • まさかの、乙一絵本。なんといっても、あとがきが面白い(笑)

  • 一人ぼっちのクリスマスに、図書館で、ふと見つけた一冊!
    それも乙一さんの絵本?
    羽住都(はすみ みやこ)さんの絵も綺麗で、、、手にとってしまった。
    大人たちが、「サンタが来るから、靴下を隠せ!」と、言われ、子供たちが、靴下を秘密の場所に隠すが、どれも、絵に、白い鳥が、描かれていて、子供たちの行動を、ちゃんと見抜いているように思われる。
    すべての贈り物が、子供たちに届いた時に、白い鳥たちが、大空を舞っているのが、とても素敵であった。

    あとがきについて、お酒の魔力で絵本を企画したと、書かれていて、乙一さんの、一種のジョークと、受けとらえられる。
    プロフィールが、その事を物語っている。
    笑いで、人物紹介を読んで、こんな楽しい事を書いていることにお腹を抱えてしまった。
    又、それを受けて、羽住さんも、大量の白い羽の件を参照している所が、流石と、思った。
    又、この大人も楽しむ事の出来るこのような絵本を購入したいと思った。

  • 2014年12月19日

    <Hide the Socks!>
      
    翻訳/Aliy Lickfold
    装幀/岡本健+

  • 大人はこわがるサンタクロース
    くつしたを隠すけど、サンタはちゃーんとプレゼントをくれるという

    大人が怖がる理由が何かあるのかとかんぐっちゃうけど別にないという(隠してもプレゼント入れていくことがこわい・・?)

    久々に読んだ

  • あとがきがよかった。

  • あとがきがすてき!

全128件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

乙一(おついち)
1978年福岡県生まれ。山白朝子(やましろ あさこ)、中田永一(なかた えいいち)の別名義で執筆する小説や、安達寛高(あだち ひろたか)という本名名義で脚本を記すこともある。
1996年に『夏と花火と私の死体』で、第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビュー。
2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞。2012年、『くちびるに歌を』(中田永一名義)で第61回小学館児童出版文化賞。
代表作として、映画化もされた本屋大賞ノミネート作『くちびるに歌を』のほか、『暗いところで待ち合わせ』『きみにしか聞こえない CALLING YOU』『失はれる物語』などがある。作品の多くが漫画化、映画化された。

乙一の作品

くつしたをかくせ!を本棚に登録しているひと

ツイートする