最後の願い

著者 : 光原百合
  • 光文社 (2005年2月23日発売)
3.55
  • (18)
  • (38)
  • (52)
  • (6)
  • (2)
  • 本棚登録 :174
  • レビュー :48
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334924522

作品紹介

新しく劇団を作ろうとしている男がいた。度会恭平。劇団の名は、劇団φ。納得するメンバーを集めるため、日々人材を探し回る。その過程で出遭う謎-。日常に潜む謎の奥にある人間ドラマを、優しい眼で描く青春ミステリー。

最後の願いの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミステリとは知らずに手に取った作品。この立場の人ならこんなふうには言わないだろう、行動しないだろうという、役者ならではの観察眼?によって本当のことを暴きつつ、そして劇団員も集めてしまおうという話だった。自分で抜かなきゃならない棘を誰かが優しく抜いてくれた話?

  • 初めての作家さん
    次々と開かれる話・・・
    面白かった~~

  • 2014 12/27

  • 2014/8/28

  • 『十八の夏』以降の作品ということで、こちらは楽しく読めた。登場人物たちも魅力的で、連作のつながり具合も楽しかった。

  • この作者は文章が非常に上手い。内容はやや無理筋があるものの、まずまず。最終章は特に良かった
    4.1点

  • なんとな~くタイトルに惹かれて読んでみました。

    劇団を1から立ち上げていく話なんですが、
    メンバーになる人たちの話が1つ1つの短編になっていて。

    どれもすっごく切れがあって面白かったですね~

    グッときたのは、「最後の言葉は・・・」と「彼が求めたものは・・・」

    次から次へとページをめくる手が止められない程の魅力ある本でした。

  • 舞台役者が探偵役の短編ミステリ。一つ一つが繋がっててたのしい。

  • 個性的な登場人物がバンバン出てきて、ちょっとした不思議来事を解明していく、そんな感じのストーリー展開です。強烈な個性に引き込まれるかのように、読み進められた。 さっぱりとしていて、おもしろかった。

  • 救いのある話。
    ひとつひとつのエピソードが好きだった。
    度会のキャラクターが特に好き。
    個性的なキャラクターが生き生きしていて、読み終わって爽やかな風が吹いた感じがした。

全48件中 1 - 10件を表示

最後の願いのその他の作品

光原百合の作品

最後の願いに関連する談話室の質問

最後の願いに関連するまとめ

最後の願いはこんな本です

ツイートする