彼岸まで。

著者 :
  • 光文社
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334925451

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現実か虚構か分からなかったけど、北の女スパイに張られるほどのタマじゃあかなかろうね。情報を入手するが早いかテレビや雑誌で得意気に喋りまくってる人物を、そんな手間ひまかけて諜報し警戒する対象にするとは思えないもの。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

コラムニスト。写真家。1960年兵庫県生まれ。
「SPA!」の巻頭コラムをはじめ、雑誌に多数連載を持ち、TV番組にも出演。
2013年10月よりサンテレビ「カツヤマサヒコSHOW」でメイン司会を務める。
対談「怒れるおっさん会議 in ひみつ基地」(西日本出版社)、「日本人の『正義』の話をしよう」(アスコム)のほか、「ディアスポラ」(文藝春秋)「平壌で朝食を。」(光文社)などの小説、評論「バカが隣りに住んでいる」(扶桑社)など、著書多数。
365日毎朝10時までに400字詰め原稿用紙で12枚以上を送る有料配信メール「勝谷誠彦の××な日々。」は多くの熱狂的読者を持つ。

「2015年 『カツヤマサヒコSHOW 酔談3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勝谷誠彦の作品

ツイートする