旅を数えて

  • 光文社 (2007年8月発売)
3.15
  • (2)
  • (2)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334925697

作品紹介

「本が好き!」から生まれた旅のアンソロジー。

旅を数えての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後が子で終わる作家6人の作品集。
    「本が好き!」2006年7月から2007年6月に掲載したものとのこと。
    篠田節子のライフガードは、もの悲しいか、幸せかの境界。
    解説があるといいかも。

  • 注目している若手女性作家らによるアンソロジーだったので手に取った。どの作品も嫌いではなかった。最後の篠田節子氏の作品だけにドラマ性があった。若手勢はどことなくどれも似ている。

  • 旅をテーマにした短編集。
    今まで短編集は恋愛系がテーマのものが多かったので新鮮。

    特に良かったのが、
    川本晶子「ニケツ」
    前川麻子「ニューヨークの亜希ちゃん」
    篠田節子「ライフガード」

  •  私の好きな作家である中島京子さんの作品が収録されているアンソロジーなので、読んでみた。 「旅」をどうとらえるのか。作家ごとに異なるのが興味深い。 個人的に一番良かったのは、ベタだけど女2人旅を爽やかに描いた中島京子「ポジョとユウちゃんとなぎさドライブウェイ」。ああ、こんな旅もあるのかと、甘酸っぱい青春に胸が熱くなった川本晶子「ニケツ」、同居人へいらだつざらついた感情がイヤらしいほど巧く丁寧に描かれていて、こちらまで不快感にイライラ。なのに、最後の最後でカタルシスがあって!な前川麻子「ニューヨークの亜希ちゃん」、内容的に中島京子作品とカブるところがあって惜しい、でも物語としては嫌いじゃない松井雪子「道くさ、道づれ、道なき道」。 平田俊子「いとこ、かずん」は詩的ではあるものの散漫に感じて、ホラーちっくな不思議な話である篠田節子「ライフガード」は、よくまとまってさすが!とは思ったものの、好みではなかった。

  • 旅にまつわるアンソロジー。
    女性作家が女性を主人公にした短編が並ぶ。
    旅といっても、近所への冒険みたいなものから、センチメンタルジャーニー、ハネムーンまでその形はさまざま。どれも悪くないんだけど、これ!という作品がない印象を受ける。
    田舎道をスーパーカブで疾走する「ニケツ」が一番好きかな。

全5件中 1 - 5件を表示

川本晶子の作品

ツイートする