金色のゆりかご

著者 : 佐川光晴
  • 光文社 (2008年6月20日発売)
3.08
  • (2)
  • (5)
  • (27)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334926120

作品紹介・あらすじ

軽度のうつ病で研修を一時中断し、コンビニでバイトをしている医者の卵・啓介。その店にやってきた制服姿の女子高生が突然倒れた。下腹部にきつく巻かれたさらしをゆるめると、おなかがみるみるせり上がってきて-。いつでも、どこでも、女性だけに起こりうる最大の苦難。未だ見ぬ者への無償の愛を描く著者の最高傑作。

金色のゆりかごの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 啓太とまりあの出会い。
    まりあの出産まではあっという間に読み進められたが、それからは、なかなか進まない感じが続き、諦めかけたが、結果が知りたくてなんとか読み終えた…
    でも、ハッキリとした結果はわからずもやもや感が残る…

  • うつの研修医啓介と、望まない妊娠をしたキレイな女子高生まりあが、困難を乗り越え、いい関係になるのかな?と思ってよんでたら、
    途中から海外養子縁組とか、赤ちゃんポストとか、なにやら難しい問題に踏み込んで行き、
    母とまりあの関係とか、両親の関係とか、物語としてもっと読みたかった感。
    でもまぁ、安易な性交や、妊娠、出産、女性のリスクはどこまでも深く、目に見えない心の傷までふくめるとこわいなぁ…。
    中絶が非人道的的であるとしても、産むのが最善でもなければ、いったいどうすればよいのか。
    など考えた。
    佐川さんの本に出てくる頭いい男子が好きなので、恋愛要素がもっと欲しかった。

  • 国際養子縁組という知られざる制度…いやここを間違えてはいけない、事業に鋭く斬り込む問題作であるのだが少し違った意味での問題作になってしまったように思う。
    「ある研修医の日記」的なルポルタージュじゃなくて小説として存在させているのだからこの結末はどうかと思うな。
    内容としては男性作家が描くのはやはり無理があると思われる妊娠、出産を取り上げてはいるもののその丁寧な扱いには好感が持て更にその奥に養子縁組という闇と紙一重の問題を内包しているとなれば肯定せざるを得ない。でもやはり「後編は?」と思わせるラストは消化不良は否めない。
    少子高齢化を問題視するのとは裏腹に望まれずに産まれて来た赤子にとことん冷たい我が国の制度に読者が共有の意識を持つことでまりあと幸太の未来が開ける!との扇動ならば納得もするのだが

  • 途中から、海外養子斡旋の実情をあばくルポを読んでいるようで、小説としてのおもしろさがあまり感じられなかったので残念です。

  • 前半は結構面白かった。予想していた展開とは違う、かなり社会派の作品でした。

  • 想像していた話と全然違って
    ビックリした。

    前半は結構よかったけれど
    終わり方や結末は割と不満かな。

  • 断ち切れない血の連なり。
    それはいつまでくり返されるのだろう。

  • 内容が現代を反映した学生の望まぬ妊娠。
    そしてそれらを取り巻く環境と、未婚の出産や養子縁組問題など様々な現代の問題と透過していて読み応えがある。

    物語の舞台が地元の為とても惹かれた。
    ただ1つ、終わり方には物足りなさが残る。
    少女の心は強くなった。
    その後の続きや問題の解決を正直さらに読みたかった。

    また名前入りのサインをある偶然の巡り合わせと御厚意により著者に書いて頂いた。感謝しております。

  • 低年齢未婚出産、赤ちゃん斡旋、国際養子縁組・・・。

    出産に関する社会問題を取り上げたまま終結してしまって、
    ちょっと残念な小説であった。

  • 読んでみて、???と思ったら、北川さんの「金のゆりかご」と間違え
    て借りてきた事が発覚ヾ(・ω・`;)ノ
    それでも読み進めてみると、望まぬ妊娠をした女子高生がひっそりと
    子供を生み、一度は国際養子縁組に出す事を決めるが、やはりとり戻す
    為に戦う、というストーリー。
    海外養子斡旋の実情、妊娠二十二週を過ぎてからの望まない妊娠をした女性達、産婦人科の抱える問題などが書かれていて、中々興味深か
    った。
    ただ、無事に赤ちゃんを取り戻す事ができたのか、その結末が書かれて
    いないので、そこが知りたかった!

全18件中 1 - 10件を表示

佐川光晴の作品

金色のゆりかごに関連する談話室の質問

金色のゆりかごはこんな本です

ツイートする