彼岸花

著者 : 宇江佐真理
  • 光文社 (2008年11月21日発売)
3.43
  • (4)
  • (17)
  • (21)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :105
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334926403

彼岸花の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2007〜08年に「小説宝石」に掲載された6短編の単行本化。

    今にして思えば、当時は治療の方法のない子宮がんを患って死んでゆく人々や、認知症の老人の介護など、著者の身の回りのことが反映されている。

  • ぽんぽん読めるストーリーではない。
    暮らしに疲れた女たちの、辛くて切ない物語が収めてある。
    もしかしたら掴めたかもしれない「幸せ」をあきらめて、それでも生きていかなければならないのが、この世というもの。そこにも確かに何かがある。

  • 江戸に住む庶民達の日常を描いた短編集です。

    全ての物語に共通して、あまり抑揚のない、よく言えば当時ならどこにでもあるような本当に日常を描いたお話になっています。
    はっきりした落ちというのはありませんが、どれも人と人との繋がりを感じさせられるでも最後は少しだけ切ない物語です。

    ちょっと物足りない気もしましたが、こんなときだからこそ読めてよかった作品でした。

  • 短編集。切ない内容が多い。

  • 今までに読んだ宇江佐真理の時代物とはちょっと違う雰囲気な気がした。
    多分舞台はあえて江戸にしておいて現代の人の心をかきたかったのかなぁと思いました。

  • 09/12/04

  • 11/15/09図書館

  • 苦労だらけでも何気ない日常をかみしめるような江戸庶民の暮らしが味わえる短編集。山奥の祖母との暮らし、人の情けに囲まれて暮らした家貧しい尼寺の日常、老いた姑の介護、不倫の精算など生々しいけれどどこか胸をうつ話がしんみりと胸を打った。こういう市井の人々の人生を書くのが宇江佐さんは本当にお上手だなあ…

  • h21.04.11

  • 短編集
    つうさんの家・おいらのツケ・あんがと ・彼岸花・野紺菊・振り向かないで

全15件中 1 - 10件を表示

彼岸花のその他の作品

彼岸花 (光文社文庫) Kindle版 彼岸花 (光文社文庫) 宇江佐真理

宇江佐真理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする