煙突の上にハイヒール

著者 :
  • 光文社
3.67
  • (21)
  • (61)
  • (60)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 336
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334926731

作品紹介・あらすじ

背負って使用する、個人用ヘリコプター。ネコの首輪につけられるような、超軽量の車載カメラ。介護用のロボットも、ホームヘルパー用のロボットも、少し先の時代には当たり前になっているのかも。あなたなら、楽しい使い方を思いつけますか?テクノロジーと人間の調和を、優しくも理知的に紡ぎ上げた、注目の俊英による最新傑作集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前回読んだ小川さんの本より随分読みやすく、内容も面白かった。少し近未来の様々な愛のお話。
    表題作は結婚詐欺に合いそうになった主人公が、相手に渡すはずだった大金で一人用ヘリコプターを購入する話。検索してみたら、一人用ヘリコプターって本当にあるんだね。乗ってみたい!他にもロボットが出てくる話が2話、猫にカメラを付けて行動を探る話、鳥インフルエンザで壊滅的な都市の話…有りそうでなさそうな、起こり得るような話だが、実際将来進化したコンピューターシステムや未知の病原体との共存が叫ばれる世の中になるだろうなとは思う。

  • 「カムキャット・アドベンチャー」が猫好きには堪らない…!「イブのオープン・カフェ」はどこか神秘的なところがお気に入り。裕也みたいな男は大嫌い。タスクの健気さが好き。「おれたちのピュグマリオン」はなんか…気持ち悪い…。理解できないよ!ロボットとか…。貴志祐介の『硝子のハンマー』の介護ロボットを思い出した。中村佑介さんの装丁イラストが可愛くて好き。2011/297

  • 51:いますぐにでも手が届きそうな、ほんのわずかな未来を思わせる舞台で描かれる、人と人とのつながり。Mewをはじめ、魅力的なデバイスがたくさん登場するけれど、物語の中心はやはり、機械でなく感情なのだと思います。タスクくんの健気さに、涙が……!
    小川さんはハードなSFも書かれますが、こういったソフトタッチの短編もすごくお上手なので感服。物語世界に生きてる登場人物たちの体温にすごく安心するのです。

  • 【あらすじ】
    恋人にだまされた織香は、大きな衝動買いをした。一人乗りのヘリコプターMewだ。心躍る飛行体験が、彼女の前に新しい世界を拓いてゆく(表題作)。猫の首輪に付けた超軽量カメラ。猫目線の隠し撮り映像には、思いもかけないものが映っていて…(「カムキャット・アドベンチャー」)。人とテクノロジーの関わりを、温くも理知的な眼差しで描く、ちょっぴり未来の5つの物語。

    【感想】

  • 背負って使用する個人用ヘリコプター。
    猫の首輪につけられるような、超軽量の車載カメラ。
    介護用ロボット。
    ちょっと未来の、ハイテク製品が日常に溶け込んでいるけれど、人間そうそう変わりません……というお話。

    装幀 / 坂野 公一(welle design)
    装画 / 中村 佑介
    初出 / 『小説宝石』2007年5月号、2008年3・9・11月号、2009年1月号。

  • SF。短編集。
    はじめ2作品は日常もの。
    最後のパンデミックものは苦手なようだ。
    好きなのはロボットに関する話。
    特に、「おれたちのピュグマリオン」はロボットに関して、興味深いテーマを取り扱っている印象。
    できないことを「できない」と言うことが機械には難しい。うーん、リアルだ。

  • 今よりも少しだけテクノロジーの発達した世界を舞台にした短編集。
    背負って使用する個人用ヘリコプター、猫の首輪に付けられるような超軽量車載カメラ、介護用人型ロボットなど、今でもありそうな、手が届きそうなテクノロジーが描かれています。そしてそれらを使う人たちの心の動きが主眼となります。
    一番印象的だったのは、ホームヘルパー用人型ロボットを扱った「おれたちのピュグマリオン」です。ロボットおたくの青年が造り出した美少女メイドロボットを元に造り出されたホームヘルパーロボットが、人とロボットの関係を親密なものに変えていく。そこで彼が本当に望んだこととは? この真相を突きつけられた時は、そういう考え方があるのかと驚きました。しかし驚きましたが、納得しました。小川一水作品はどれも基本的にハッピーエンドの印象があります。しかし幸せというのは、人それぞれ形が違うのかも。そういうことにも気付かされます。

  • この前読んだ『老ヴォールの惑星』がよかったから、これも読んでみた。
    非常に好感触。表題作が特に好み。

  • 最近パンデミック系SFばっかり当たって、なんか怖くなってきた。

  • 五編の短編小説が入った作品。
    どことなく現代的だけど、それぞれ濃度の違うSF(すこし・ふしぎ)要素が入っている感じ。
    「カムキャット・アドベンチャー」「白鳥熱の朝に」が中でも気に入った物語。

    僕たちが外飼いしている猫・ゴローさんが太ってきた。ダイエットさせるため、どこで何を食べているのか調べようと、ゴローさんにカメラを付けてみた――「カムキャット・アドベンチャー」

    ある日、一人暮らしの僕のもとに一人の少女がやってきた。「扶養者決定」の紙片と共に。パンデミック後に孤児となった子供たちを保護するための政策、それにより僕たちは親子となった――「白鳥熱の朝に」

全66件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小川 一水(おがわ いっすい)
1975年生まれ。岐阜県出身。男性。1993年、17歳で応募した第3回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞に、「リトルスター」で佳作入選。1997年、『まずは一報ポプラパレスより』で作家デビュー。
2004年、 『第六大陸』で第35回星雲賞日本長編部門を受賞。2006年、 『老ヴォールの惑星』に収録されている「漂った男」で第37回星雲賞日本短編部門を受賞。 『老ヴォールの惑星』は「このSFが読みたい!」ベストSF2005国内編で1位にも選ばれた。2011年、「アリスマ王の愛した魔物」で第42回星雲賞日本短編部門を受賞。2014年に『コロロギ岳から木星トロヤへ』で第45回星雲賞・日本長編部門賞を受賞。

煙突の上にハイヒールのその他の作品

小川一水の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

煙突の上にハイヒールを本棚に登録しているひと

ツイートする