大絵画展

著者 :
  • 光文社
3.09
  • (1)
  • (12)
  • (33)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 104
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334927462

作品紹介・あらすじ

ゴッホ作「医師ガシェの肖像」を巡り、絵画を愛するものたちが仕掛けた、痛快でスリリングな史上最大の罠!第14回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵画会の裏側みたいな話は専門性があって興味深かった。全体像が見えてからがちょっと長いのが難点。読みやすい文体だったので、最後まで読めたという感じ。凄く面白いわけではないけれど、面白くないわけでもないという微妙な感じ。

  • 【最終レビュー】

    文庫本有。再貸出・図書館貸出。

    昨年、紀伊國屋書店・文庫新刊本本棚にて見つけたのがキッカケ。

    特に後半、本格的に実在する画家名や作品の数々が登場してきたので、その辺りから以降、釘付けになりながら、ドンドンアートを取り巻く雰囲気が漂ってきたので、スリリングかつ楽しめました。

    トリックだったり、巧妙なカラクリを上手く絡めてました。

    ただ、前半の展開が、取っつきにくく、やや疑問かつ理解し難いところがあったりと、その点で惜しいなという感じだったので

    ☆は3つとしました。

    ラストに書いてあるのは、後半部分で出てきた、先月、実際に美術館で体感したことをなぞらえてるかのような、確かに自分の中でも頷ける内容だったので、そのメッセージの一部を引用しながら、レビューを終えます…

    《『現実だけ』が『人』を『大人にする』》

    《絵画は『進化の物証』(略)―時代のある『瞬間の事実』―》

  • 銀行が気の毒だ。

  • 面白かった やや雑かな

  • 絵画ミステリーが好きで手に取った本だが、話が複雑に込み入っていて、純粋にストーリーを楽しめなかった。
    詐欺に次ぐ詐欺事件の話で、ネタとしてゴッホの絵が使われているだけのような。
    途中絵の入ったコンテナを盗みに入るシーンは手に汗握った。
    2015/05

  •  なんだか少し難しかったかも…。お金の動きとか、絵画のこととか、ややこしくて分かりにくかったので、ぐいっとのめりこめませんでした。詐欺をしている人たちも、どの人も最後まで憎みきれなくて、大ボスという一番の悪者がピンチになった時まで「あぁ…危ない…」と思ってしまいました。本当だったらスッとする場面なのに(笑)

  • 第14回日本ミステリー文学大賞新人賞作品
    すごく読みやすかった。新人なのか?って。
    この人のほかの本も読んでみたいです。
    騙された人達も日常を取り戻して、爽快な後味も良い作品でした。
    絵画ミステリーって好きなんですが、純粋に面白かった!
    出会えてよかった作品です!

  • ギャラリーファイク読みたくなった

  • 日本ミステリー文学大賞新人賞(2010/14回)

  • 非常に出来の良いコンゲーム。あっと驚くというほどでもないが、楽しかった。ただ、最後の説明部分が少し余分なのと、登場人物に例えばロバート・レッドフォードのような魅力がなかったのが残念だ。

全24件中 1 - 10件を表示

大絵画展のその他の作品

大絵画展 (光文社文庫) Kindle版 大絵画展 (光文社文庫) 望月諒子
大絵画展 (光文社文庫) 文庫 大絵画展 (光文社文庫) 望月諒子

望月諒子の作品

ツイートする