少女病

著者 :
  • 光文社
3.37
  • (8)
  • (42)
  • (62)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 353
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334927745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直好きなお話ではなかった。
    題名を見てなんとなく読んでみようっと思ったんだけど、あまり何も感じなかった。
    それぞれの視点で物語が進むのかと思ったけれど、時間だけはしっかりと過ぎて4人の視点で物語が進むからよくわからなくなるしはっきりしない気がした。

    長女の話は最初はおもしろいかなって思ったけど、人が倒れてるのに空想はないだろう、と若干引いてしまった。

著者プロフィール

吉川トリコ(よしかわ とりこ)
1977年静岡県浜松市生まれの小説家。現在は名古屋市在住。
2004年「ねむりひめ」で「女による女のためのR-18文学賞」大賞・読者賞を受賞。受賞作を含む『しゃぼん』でデビュー。2007年、『グッモーエビアン!』を原作に東海テレビで『なごや寿ロックンロール〜「グッモーエビアン!」より〜』としてドラマ化、2012年映画化。2007年、『戦場のガールズライフ』がドラマ化された。
その他代表作として、『ミドリのミ』『少女病』『マリー・アントワネットの日記』がある。

吉川トリコの作品

ツイートする