少女病

著者 :
  • 光文社
3.37
  • (8)
  • (42)
  • (62)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 353
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334927745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 破天荒な少女小説家の母と、三人の娘の話。すごくかわいくて、どこかとぼけてて大好き。
    ところどころの文章が、ちょっと痛い。この作家さんははじめてだけど、別なのも読んでみたい。
    関係ないけど、母のモデルって花井愛子先生かしら。

  • わたしもきっと、少女病だ。

    高校で「独自の世界観を持ってる」
    と言われたのも
    あの人が「君は違う星の住人だから」
    と言うのも
    わたしがずっと、フィクションに浸って生きてきた証なのかもしれない。

    小説を読んだ後しばらくは、
    心の中の独白が、主人公と同じ口調になったりして、その世界に生きているような気分になったものである。

  • 長女の話が私のことかと思った(いろんな意味で)
    でも中身ベースだと三女が一番近いと思う。
    そしてこの話は引きずる感じでよいと思います。

著者プロフィール

吉川トリコ(よしかわ とりこ)
1977年静岡県浜松市生まれの小説家。現在は名古屋市在住。
2004年「ねむりひめ」で「女による女のためのR-18文学賞」大賞・読者賞を受賞。受賞作を含む『しゃぼん』でデビュー。2007年、『グッモーエビアン!』を原作に東海テレビで『なごや寿ロックンロール〜「グッモーエビアン!」より〜』としてドラマ化、2012年映画化。2007年、『戦場のガールズライフ』がドラマ化された。
その他代表作として、『ミドリのミ』『少女病』『マリー・アントワネットの日記』がある。

吉川トリコの作品

ツイートする