平成二十四年度(58) 代表作時代小説 重なる心、触れ合う身体、ただ温かく

制作 : 日本文藝家協会 
  • 光文社
2.86
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334928315

作品紹介・あらすじ

時代を超えた、人のぬくもりに陶酔する、珠玉の16編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平成25年度の同作が面白かったので手にとってみた。
    個人的には25年度の方が好みの作品が多く感じた。
    史実をなぞるがゆえにどうしても制約が多い歴史小説は肉付けされたあらすじを読んでいるような気持ちになってしまって苦手みたいだ。
    ただ、こういうアンソロジーでもなければ読んだことのないような作家が多数いたので、普段接しない作風が新鮮だった。

  • 1 毒蛾に刺された男 11-36
    伊東 潤/著 2 船饅頭 37-50
    小池 昌代/著 3 高麗討ち 51-72
    東郷 隆/著 4 平家の光源氏 73-93
    高橋 直樹/著 5 馬上の局 95-117
    火坂 雅志/著 6 勝ちは、勝ち 119-134
    松井 今朝子/著 7 別式女 135-157
    好村 兼一/著 8 シュニィユ 軍神ひょっとこ葉武太郎伝 159-182
    荒山 徹/著 9 蚊帳のなか 183-205
    池永 陽/著 10 金丸家の関ケ原 207-231
    岩井 三四二/著 11 夏芒の庭 233-260
    澤田 瞳子/著 12 夕すずめ 261-284
    杉本 章子/著 13 牡丹咲くころ 285-307
    葉室 麟/著 14 チャーリーの受難 309-322
    皆川 博子/著 15 たもと石 323-347
    山本 一力/著 16 天竺の甘露 349-373
    吉川 永青/著

  • 内容紹介
    時代を超えた、人のぬくもりに陶酔する、珠玉の16編。
    ふと立ち止まって、過去を振り返ってみると、抱えた重さが軽くなることもある。歴史・時代小説の住人たちが私たちに語りかける言葉は、どこまでも情深い。昨年度発表された短編時代小説から選りすぐりの作品を堪能ください!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

川上弘美雪舟えま河﨑秋子 小川洋子 野﨑まど 高野史緒 いしいしんじ 小田雅久仁澤村伊智 恩田陸 深緑野分 藤田宜永 唯川恵 青崎有吾三崎亜記 勝山海百合

「2018年 『短篇ベストコレクション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平成二十四年度(58) 代表作時代小説 重なる心、触れ合う身体、ただ温かくを本棚に登録しているひと

ツイートする