海賊女王(上)

著者 :
  • 光文社
3.78
  • (25)
  • (37)
  • (34)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 337
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (546ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334928926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「幸せな、光と影の幸せな主従関係 」

    16世紀末のアイルランド。族長が割拠するこの地はイングランドより派遣された総督によって支配され、事実上その属国となっていた。オマリーの族長の娘として生まれた男勝りで奔放なグローニャは、海を征してクランを守りゲーリック・アイリッシュの誇りを貫くべく、男たちを率いて闘う。

     女海賊とよばれたグラニュエル・オマリー、通称グローニャの15歳から60歳越えまでの文字通り波乱の生涯が描かれるのだか、一人の女の人生の物語というよりは、やはりハードボイルド海洋時代劇といったほうが合っているかもしれない。そんな本書の読みどころは、支配されるアイルランドの女海賊グローニャと、彼女と同い年で支配する側であったイングランドのエリザベス、2人の女王の対比だろう。

     赤毛をなびかせ、日焼けした肌、男同様のなりで、話す言葉も男そのもの、目的のためには時として妖艶な美しさを見せる自身の「女」さえ武器とすることを厭わないグローニャ。海で鍛えられ女にしてはマッチョなボディの持主でもあったらしい。

     対する皆川さんの描くエリザベスが強烈だ。晩年の肖像画そのままに、ひびも入らんかというほど異常に白く塗られた顔。鬘と豪華なドレスの中身は髪も歯も抜けた「萎びたババア」。だがイングランド女王の地位故に、若く美しい愛人たちを抱え齢60を越えてその閨房が寂れることはない。権謀術数渦巻く宮廷で独り女を引きずって生きる老女は、滑稽で時に痛ましくさえある。

     だが、2人のもっとも大きな違いは信頼するに足る主従関係に恵まれたかどうかである。この物語は15歳のグローニャの従者として召し抱えられることになったアランという男の視点から語られていく。彼は自身も弟・ロイの失踪という謎を抱えながら、常にグローニャの側にあって、さながら光に対する影のごとく彼女を見守り、支えていく。彼女が嫁ごうが、母になろうが、何人の男に抱かれようが、アランにとってはその全てをひっくるめてがグローニャなのであり、人生をかけて守るべき人となった。例えるなら「ベルサイユのばら」のオスカルとアンドレの関係にちょっと似てるかな。

     自分のことを深く理解してくれる人がそばに居てくれるというのは、どんなにか心強いことだろう。なおそこに信頼関係があれば、怖いものなど無いのではないか。家族を捨てても共に再び還ることのない最後の闘いへ向かったアランとグローニャの後ろ姿に、幸福な主従関係を見た。それは、幾人の愛人をベッドに迎えても、もう一人の女王が決して手に入れられなかったものであったに違いない。

  • 2014.09.スコットランドの高地民のアランとロイの兄妹は戦士としてアイルランドに雇われた.アランは賭けに負けグローニャの従者となり,ロイはドナルの元へ行った.グローニャは,ドナルと結婚することになるが,グローニャは海でアラン達とともに海で狩りにいそしみ,ドナルは近隣のクランであるジョイスと陸で戦っていた.ロイは,ドナルと従者のダーモットに残忍に殺されたことが分かり,アランがダーモットを殺す.イングランドのハウがやってきて,マクナリーとコンロイの2つのクランをまとめるが,ドゥダラとグローニャのオマリーは拒否する.やがて,ハウが裏切りイングランドが攻めてきた.イングランドとの戦いの中でアランとドナルがロイの件で戦うことになるが,アランが敵にやられていると勘違いし,グローニャがドナルへ矢を撃ち殺してしまう.面白いが,何しろ長いし登場人物も多いので時々分からなくなる.

  •  タイトルから「海賊☆王女☆胸キュン」な展開を想像してはいけない。ごめんなさい。私だけかもしれないけど、想像以上に少女マンガじゃなかった。
     しかし面白い。
     いわゆる私掠船の時代のお話。

     エリザベス女王の時代や、ゲール萌えなら読んだほうがよい。

     ……でもこれ、上巻でコレでしょ? 下巻どうなるんだろ。

  • 下巻にまとめて。

  • エリザベス一世時代のイギリス・アイルランドを舞台に繰り広げられる、壮大な物語。実在した「海賊女王」グラニュエル・オマリーとその従者・アランの生涯が描かれます。
    グローニャ、とにかくかっこいいったら! でも彼女を信頼・尊敬して従う「グローニャの男たち」の姿もかっこいい。戦場の戦闘シーンの描写も生々しく、情景が目に浮かびます。まさしく血沸き肉躍る冒険活劇。
    一方で、それぞれの人間関係の描写の濃密さも読みどころです。登場人物がなかなかに膨大ではあったけれど、その繋がりも読み進めるうちに把握できてくるし。人と人との愛情や憎しみ、騙しあいや思いやり、そして出会いや別れ。はらはらしたりどきどきしたり、あるいは切なさに胸を打たれたり。どの人物も、印象に残ります。
    そして最後はやけにあっさりとした印象があるけれど。だからこそすっきりとした読後感なのかも。

  • 紀伊國屋書店のサイン会でサインしてもらった!
    美しい世界を紡ぐに違わぬ素敵な方でした。
    初めてお会いするのに舞い上がっちゃってさ、言葉交わすのにドキドキしちゃってさ、握手してもらうのにキュンってなっちゃってさ、これって恋じゃない?

  • アイルランドの海賊女王グラニュエル・オマリーのお話。
    彼女の従者アラン・ジョスリンからみた彼女のお話かな。
    小さなお転婆少女グローニャが、魅力的な海賊女王になっていく。
    初めのほうはイングランド女王エリザベスのお話。
    下巻では二人が会うのかどうなるのか…。

    最近将国のアルタイルにはまっているからか、グローニャがニキちゃんのイメージ。

  • 海賊女王(上)

  • 途中までで諦めた。

  • 神父とエメールのシーン・・・なんかショックだった・・・

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

皆川博子(みながわ ひろこ)
1930年旧朝鮮京城生まれ。73年に「アルカディアの夏」で小説現代新人賞を受賞し、その後は、ミステリ、幻想小説、歴史小説、時代小説を主に創作を続ける。『壁・旅芝居殺人事件』で第38回日本推理作家協会賞(長編部門)を、『恋紅』で第95回直木賞を、『開かせていただき光栄です‐DILATED TO MEET YOU‐』で第12回本格ミステリ大賞に輝き、15年には文化功労者に選出されるなど、第一線で活躍し続けている。著作に『倒立する塔の殺人』『クロコダイル路地』『U』など多数。2019年8月7日、『彗星図書館』を刊行。

海賊女王(上)のその他の作品

皆川博子の作品

海賊女王(上)に関連する談話室の質問

海賊女王(上)を本棚に登録しているひと

ツイートする