ミストレス

著者 :
  • 光文社
2.75
  • (1)
  • (12)
  • (48)
  • (13)
  • (11)
本棚登録 : 168
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334928940

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「平成の宮木たち―官能の果てに 」

    妻と出かけた避暑地のクラッシックコンサートで、外科医が夢現に見た舞台の上のコンサートミストレス。彼女から想起された激しい感情の正体とは?表題作「ミストレス」ほか「やまね」「ライフガード」「宮木」「紅い蕎麦の実」官能の向こうにある女性たちの真実の姿が見えたとき、切ない思いに胸が揺さぶられる5編を収録。

     全般にそこそこ濃厚な性描写があって、篠田さんにしてはこういうテイストの短編集は珍しいなと思ったら「ライフガード」を除く4編は「小説宝石」の春の官能小説特集寄稿の作品とあった。ただ刺激的なシーンも決していやらしくは感じなく、官能的なダンスの動きのように思えるのは、女性作家の手によるもののためか、それとも篠田さんファンである自分のひいき目か。もっとも女性作家でも過激でえげつない性描写する人もいますからね。

     どれも短編ながら、常人には理解し難い体質の女性であるとか、援農グループで知り合った中年女性への言葉にし難い思慕とか、謎が謎を呼び、彼女ははたして何者なのか⁈という部分で最後まで目が離せないなのは、嬉しい相変わらず。

     中でも「宮木」は最も目が離せなかった作品。ジャーナリストとしての気負いから記者をやめて、高級マンションに妻を一人残して中近東の紛争地へ渡り、音信不通のまま12年ぶりに帰宅した男。そこにはやつれて老いた妻が家を守り夫の帰りを一日千秋の思いで待っていた。彼の知らないクローゼットの奥の秘密の空間で多くの「友人たち」に支えられながら。12年ぶりに妻を抱き微妙な違和感を持った男が妻の秘密をつきとめ、真実を知ってなだれ込むラストまでは息を呑む。

     因みに男の名前は「勝太郎」。ここまで書けば、本作品のタイトルと合わせて、おそらくピンとこられる本好きさんも多いことだろう。そう、これ「雨月物語」の「浅茅が宿」が下敷きになってるんでしょうね。ただ作中では「宮木」が雨月の「宮木」ではなく、後拾遺和歌集にただ一首歌が残されているという遊女「宮木」に想を得たということが触れられている。

     音信不通にしていた夫が久方ぶりに帰宅した家。そこに待っていた「変わり果てた妻」。雨月の宮木は霊となっていたのだったが現代の宮木は…。宮木だけではない。若き日の痛みを抱えて生きるコンサートミストレスも、永い眠りについた「やまね」も、聖女の中年女性も。上田秋成の「雨月物語」の切なさは怪異の向こうにあったが、篠田節子「ミストレス」のそれは官能の果てにある。

  • 官能的なホラー短編集。
    前作ブラックボックスも興味深くおもしろい作品ではあったけれど
    こういった作風の方が好きだ。

    表題作でもある一話のミストレスが特にいい。
    篠田作品にはクラッシック音楽が、特にバイオリンがよく似合う。
    現実と幻想が交錯する怖くて美しい一編。

    読み終えて、もっと読んでいたかったなぁ…と感じた。
    次作にも期待。

  • ちょっと不思議で官能的な短編集。この作家にしては珍しいかも。

  • 文芸誌の官能小説特集に掲載した短編とあって、珍しく性的な描写が盛り込まれている。とは言え、今までそうしたシーンが苦手であえて避けていたであろう作者だけに、生々しさはなく上品に匂い立つようなムードに仕上がっている。得意のホラー的要素を盛り込んだのが、成功している。

  • 5編からなる短編集。
    最後の「紅い蕎麦の実」がよかったので★3つ。
    読み終わり、官能小説特集に寄稿したものという記述に描写が濃いなぁと違和感を持っていたので腑に落ちた。
    残りの4編、特に「宮木」は世界観と長さが合わず、まとまりきらない印象が強く残った。短編はまとまらないのも、スッキリ終わらないのも余韻として必要だとは思うけど、そこをこえて物足りなさを感じた。

  • (収録作品)ミストレス/やまね/ライフガード/宮木/紅い蕎麦の実

  •  5編から成る短編集。表題は最初の作品のもの。
     篠田節子さんといえば現実と非現実の揺らぎが印象的で、本作でも最後の作品以外は夢や幻想を連想させる物語だ。細やかな描写力ゆえか、登場人物の見る幻想がまさに目の前に現れている感覚で、薄気味悪くなる。ただ、3編目の「ライフガード」は、ややロマンの方に傾いてあまり共感できなかった。
     最後の「紅い蕎麦の実」は、中盤は退屈だったが終盤にきて読みが加速した。主人公の心の揺らぎが興味深い。若い恋人麻衣の、読みの深さや突然の失踪にも緊迫感があり、面白い構成だと思った。

  • 160620図

  • 官能小説として読むなら全然盛り上がらない。
    しかも官能小説の4編は全部馬鹿な男の話。
    もう一編もあまりあわず、
    普通の長編読むがいいな。

  • 5作品からなる恋愛小説。読みやすかった。印象に残ったのはタイトルにもなってる「ミストレス」。クラッシックのコンサートでたまたま座った席、宿泊した親戚の別荘が繋いだ不思議な縁で、主人公の男性に、同じ男性の死者の霊が乗り移り、その霊の恋愛を夢で体験してしまうというストリー。甘く切ない話です。アラフォー、アラフィフが主人公の話が多いので激しいものではなく、哀愁が漂う作品ばかり。篠田さんってこんな際どいものを書くのね。。と思ったんですが官能小説だったんですね。納得。

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年、東京都生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン‐神の座‐』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞、15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞を受賞。ほかの著書に『夏の災厄』『美神解体』『静かな黄昏の国』『純愛小説』『長女たち』『冬の光』『竜と流木』など多数。

「2018年 『インドクリスタル 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミストレスのその他の作品

篠田節子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
湊 かなえ
朝井 リョウ
篠田 節子
道尾 秀介
宮部 みゆき
東野 圭吾
桜木 紫乃
篠田 節子
角田 光代
荻原 浩
伊坂 幸太郎
桜木 紫乃
湊 かなえ
桐野 夏生
奥田 英朗
篠田 節子
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする