彼女の家計簿

著者 :
  • 光文社
3.61
  • (22)
  • (65)
  • (60)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 409
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929251

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 働く女性たちへの応援歌と言ったらいささか言い過ぎだろうか。
    古い家計簿から始まった女性達の物語は思いもしない方向へ展開していった。
    シングルマザーの里里、NPO法人代表の晴美、そして家計簿を記した加寿。
    彼女たちの必死に生きる姿、働く姿、それぞれに物語がある。
    苦悩を抱え見て必死にもがきながら、それでも前に進んでいく姿にジーンとくる。
    一人として男性に依存している女性が出て来ない潔さもまた良い(笑)

    ミステリーかと思わせる展開にもグッと引き込まれ複雑な構成にも破たんがない。
    よどみのない滑らかな文章はまたすごい作家が出てきたなという印象を持った。
    ただ、謎の多い祖母と軋轢のある母親というと角田さんの「私のなかの彼女」が頭に浮かんだ。角田さんに比べるとどうしても浅い。
    もうちょっと母親との確執を掘り下げて欲しかった。
    でも一般受けするのはリズムがあってぐいぐい読ませるこちらの作品かもしれない。
    好みの問題かな。

    いずれにせよ、大変面白く読めた。
    さっそく以前の作品も図書館に予約しました。楽しみ♪

    • フーミンさん
      vilureefさんこんにちわ。

      いつもレビュー楽しみに読んでいます。vilureefさんのレビューはどれも興味がわくものばかりで、今...
      vilureefさんこんにちわ。

      いつもレビュー楽しみに読んでいます。vilureefさんのレビューはどれも興味がわくものばかりで、今回もその中のひとつ『彼女の家計簿』読みましたー!

      すっごく良かったです♪

      私も母親の朋子との確執をもっと読みたかったです。だけど、そんな事抜きにしても心に響きました。

      素敵な作品に出会えるとテンションあがりますね~☆

      でわでわ。
      2014/10/23
    • vilureefさん
      フーミンさん、こんにちは♪
      花丸&コメントありがとうございます(*^_^*)

      この物語、とっても良かったですよね。
      加寿の思いが受...
      フーミンさん、こんにちは♪
      花丸&コメントありがとうございます(*^_^*)

      この物語、とっても良かったですよね。
      加寿の思いが受け継がれるといいなと思いながら読み終えた記憶があります。
      原田ひ香さん、ぐいぐい読ませてくれますよね。
      最新作はちょっと軽そうなのでパスですが、これからも追いかけて行きたい作家さんです。

      私の拙いレビューが少しでも参考になっているのだとしたら嬉しいな。
      とはいえ、最近ちょっと読書停滞気味ですが。
      井上荒野さんの新作の順番が回ってきたようなので、ちょっと楽しみです♪
      2014/10/24
  • 原田ひ香さん...気になっていた作家さんで初めて読みました。家計簿を通じてバラバラだった親子3世代が繋がっていくお話。
    加寿さんは、私の祖母と同じ大正9年生まれだったのでこんな時代を生きてきたのか...といろいろ知ることができました。

  • 途中からぐいぐい引き込まれて、少しだけでも時間ができると必ずページをめくっていました。
    戦中戦後などの食事の様子なども知る事もできました。

  • シングルマザーの里里の元に、祖母のものと思われる古い家計簿が届けられた。送り主は、祖母の家の跡地で女性の自立を支援する団体の代表晴美。
    存在を知らなかった祖母の家計簿から、里里が見つけたものとは。
    葛藤してきた晴美の過去とは。

    戦中戦後を生きた加寿、職を失った里里、立派な仕事をしていると言われることに違和感を感じ続ける晴美。
    3人の女性の姿を通して、働くことへの生きがいを持つこと、人生はやり直せるのだということが語られています。

    家計簿の中でしか語られないですが、加寿さんが素晴らしい。
    その血を分けた朋子ですから、頑なな心をいつかは溶いてくれるのではないかと期待したいです。

    それぞれの未来が明るいものであろうと思える終わり方で、読後感はかなり良好。
    やっぱり原田ひ香さん、大好きです。

  • なんか…すごく良かった…。
    もう終盤の方は涙ぼろぼろでした。感動というのとちょっと違うんだけど、時代を超えた女達の生き様にぐっとくるものがありました。

    ちょうど今の自分の年頃が里里と重なって、私にも戦争の時代を生きてきた祖父・祖母もいるので自然と話に入っていけました。

    家計簿のちょっとしたメモから垣間見える加寿の生活。喜びや悲しみ、希望や不安が伝わってきて、会った事もない祖母との血の繋がりを感じることができた里里。シングルマザーという社会的弱者でありながら強く生きようと必死な姿は勇気をもらえます。

    自立支援団体の代表をしている三浦晴美もまた、女であるという性で傷ついた過去がある女性。その傷に呑みこまれないように必死に気を張って生きている姿にも心打たれました。

    決して女だけが弱い立場という訳ではないですが、女ってやっぱり甘えたいし、守ってもらいたい訳ですよ。

    晴美が昔つきあっていた永田義道と再会して、過去に囚われたままなのは自分だけなんだと、はっと目が覚めるところは切なかったけど良かったです。

    久しぶりに短時間であっという間に読み終えた作品でした。

  • シングルマザーの里里の元に不仲な母親から荷物が届いた。それは会ったこともない祖母が書いた家計簿だった。
    その頃、女性を支援するNPOの代表である晴美は、老朽化した事務所を建て替えすることになり、忙しくていた。
    この二人のストーリーを軸に、話が進み、やがて家計簿を巡って交わっていく。二人のストーリーがそれぞれ面白く、出会ってからも無理なく進んでいく。家計簿に日記のように書かれた祖母加寿の日常も、二人のストーリーと絡んで、三人の女性の物語となっていく。
    それぞれの世代の女性の物語として、とてもよかった。

  • 2020/7/21

    古民家から発見された昭和初期の家計簿。
    家計簿に書かれた日記のようなもの。

    3人の孤独な女性の人生がつながっていく。
    繋がって、良かった。
    ただ、男たちのしょうもなさに辟易した。

  • 女性の 家計簿は 日記と 同じとは 聞いていましたが。

    読んでいくうちに 引き込まれてしまいました。

    3人の女性の 生き方。

    なんか うまいんですよね。

    次の作品 楽しみです。

  • 夕顔ネットというわけあり女性達の就労支援をするNPOが舞台。
    家計簿というより、家計簿に書かれてた日記のに関する話で、家計簿感はない。
    今でも、市販の家計簿には日記欄があるものがありますね。戦中からある文化なんだなぁ。

    戦中戦後に綴られた祖母の家計簿の文章が、すごく心を打つものがあった。
    戦時中、子供が先生へ「疎開先に会いに来て。すぐに。」と訴える手紙が、子供らしくて。
    大人からしたら無理だよね、心配かけちゃうし、と忖度して遠慮するところ、そういうのが無くて、純粋さを感じた。

  • 主人公が母親に母性を感じられずに育った心細さや悲しさが、ひしひしと伝わってくる。誰かが誰かを想い、それがその人を支え、成長する力になることが、作中謎の女性「加寿」の戦中の家計簿のとの関わりから、感じられた。冒頭は時代や場面をまたぎ、複数の登場人物が交錯するので我慢かな。最後は女性たちが抱える悲しさ、寂しさがすべて連なっていく。誰かを想うこと、想われることで人が強くなれる。

全73件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年、神奈川県生まれ。
2006年「リトルプリンセス2号」で 第34回NHK創作ラジオドラマ大賞最優秀作受賞。07年「はじまらないティータイム」で 第31回すばる文学賞受賞。著者に『ランチ酒 おかわり日和』(祥伝社刊)『東京ロンダリング』『母親ウエスタン』『彼女の家計簿』『三人屋』『三千円の使いかた』『まずはこれ食べて』『口福のレシピ』『サンドの女 三人屋』などがある。

「2021年 『ランチ酒 今日もまんぷく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田ひ香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

彼女の家計簿を本棚に登録しているひと

ツイートする
×