虚ろな十字架

著者 :
  • 光文社
3.68
  • (290)
  • (885)
  • (755)
  • (73)
  • (13)
本棚登録 : 5619
感想 : 730
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最愛の娘が殺された。
    金品欲しさに押入った強盗に、そこに居合わせた幼い娘は首を絞められて殺された。
    犯人は最初の判決は無期懲役。しかし、被害者側の上告で犯人は死刑となった。
    死刑という判決に、犯人は罪を償うという意識よりも、死刑はいつか自分に訪れる死が早まっただけだ、と考えた。

    はたして死刑は、人殺しに罪を償わせるという意味を持つのだろうか。



    娘を殺された小夜子は疑問に思う。

    殺人犯を刑務所に〇〇年入れておけば真人間になる、という保証はない。
    〇〇年という拘束の時間を、殺人者をそんな虚ろな十字架に縛り付けることにどんな意味があるというのか。

    死刑は無力。
    しかし再犯を防げるメリットがある。

    どんな理由があろうとも、人殺しはみな死刑になるべきだ。


    ————-


    自分の赤子を殺した過去の過ちを悔いて、自らが小児科医となり、難病の子供を助けてきた仁科史也。
    樹海で自殺しようとした妊婦を妻とし、妻の夫も扶養し助けてきた。

    彼は過去の罪に縛られ、人助けで自らの罪を償おうとしてきた人間だった。


    殺人犯はみな死刑にすべし、という小夜子の思い。
    はたしてそれは全ての人殺しに当てはまることなのか。

    小説を読み終えて、いろんな意見があると思うが、とても考えさせられる内容だった。

  • 冒頭の甘酸っぱい青春の回想から一転、話は娘が殺されるという殺人事件へ。
    被害者遺族、夫婦の戦いから裁判の結末。その夫婦も離婚の道を選び…。
    その元妻が殺害された事件から物語の核心へと進んでいく。
    読んでいる時は結末が見えずらかったけど。
    冒頭の回想が意外なかたちで絡んでいき。
    そしてひとつの決断をしてこの物語は終わる。
    おそらく読んだ人それぞれ感じ方が違うのかなと。
    読み終わた後確かに「答えの出ない問い」というもの、僕も感じました。

  • 2014年にヒットしたミステリーです。
    出遅れて読みました。

    子供を殺された 家族の 心の傷は 
    たとえ犯人に 刑が科せられても
    癒される事はないでしょう。

    ミステリーとはいえ 殺人事件の増えた 今の日本に投げかける 一冊のように思えました。

  • 2020/06/26読了
    #このミス作品30冊目

    死刑制度へ一石を投じる作品。
    生きて償うべきか、死んで償うべきか。
    遺族目線での怒り、悲しみ、葛藤が
    強く描かれている。
    ストーリーはさすが東野作品といった感じ。

    子を持つ親としては
    なかなかにショッキングな内容。

  • 2014年5月発行の作品。
    罪の償いはどうあるべきか、死刑なら償いになるのか‥?
    重い課題を含んだ良心的な小説です。

    中原は11年前に、娘を喪った。
    強盗に殺されたのだ‥しかも、犯人は出所後の再犯。
    怒り悲しむ夫婦は死刑を望み、それは叶ったが、それで愛娘が戻ってくるわけではない。
    離婚し、中原は職も変えたのです。

    別れた妻・小夜子が通りで事件に遭ったという連絡が入り、驚愕する中原。
    力を失った元妻の両親を支え、離婚後の小夜子がどう生きたのかを調べ始めます。
    彼女は犯罪についてルポするライターとなっていた。
    思いがけない真実がそこに‥

    万引きをするにしても、そこにいたる事情や理由はさまざま。病的な状態で刑罰より治療を要するケースが多いとか。知りませんでした。
    殺人も、もちろんのこと、事情は極端に違ってくる。
    犯罪被害者や遺族は、償いを求めるが、何が有効なのか‥
    死刑はなくなるのが理想だが、抑止力として、否定はしきれません。
    しかし、死刑が決まっても反省することのない犯人では‥
    収監されている期間が、心から後悔する機会となればいいのだが。

    終盤で出てくるごく若い頃の罪については、まだ未熟な年齢の事件なので、起訴されないのも妥当なのでは。
    (当然という描き方ではなく、いろいろな成り行きあってのこと)
    いや、子供は大人に相談しなくちゃいけません!

    それと、何もなかったふりで生きていくのも、本人の気持ちの整理がつかないという問題があるという重さ。
    小説の読後感としてはすっきりはしないけれど‥
    割り切れない重さを抱いたままで終わるのは、致し方ないことかもしれません。

  • ミステリーの形を用いた哲学の書であった。
    重くて、簡単には答えの出せない、永遠の問題。
    東野圭吾さんは、随時こういった問いかけを掲げた作品を発表する。そのたびに、「自分ならどうするか」「私はどう考えるか」ということを考えさせられる。
    「人を殺したら自分の命で償うものだ」という考え方にも共感する部分はあるのだが、この考えを敷衍していくと、誰も生きていけなくなってしまう。
    「とりあえず刑務所に放り込めばそれでよし」とするのは違うと思うのだが、じゃあ、反省とか償いはどういう形をとればいいのか、に対する答えは浮かばない。
    反省すればそれでいいのか、とも思うし、「償う」って具体的にはどういうことを指すのかもわからない。
    「こっちの命が失われたのだからそっちの命も失え」という感情は、たぶん、公平さとかそういう感覚とつながっているんだろう。
    「自分の子どもが殺されたら」という仮定は、とても冷静に考えられる問いではない。それでも、誰もが誰かの子どもである、という事実を思い浮かべると、追求の手が少し緩みそうになるのも事実だ。
    人が作り出したシステムは、あちこちほころびだらけで、矛盾だらけである。その、ほころびや矛盾の中で、自分はどういう価値観を持って生きていくのか、ということを時々は自問したほうがいいと思った。
    「愚かである」というのは、もっとも悲しい罪の一つだと思う。

  • 東野圭吾さんの本はこの本で75冊目。

    中原道正、小夜子夫妻は8歳の娘を殺害される。
    犯人の蛭川は強盗殺人罪で無期懲役の判決を受け仮出所中に、この事件を起こす。
    夫婦の希望通り、死刑判決が下りたが、その後、夫婦は離婚。
    娘の事件から11年後、小夜子が殺害される。
    別れた妻・小夜子が殺された真相を追うことで、小夜子が娘を殺された家族としてどのように生きようとしていたかを知ろうとする中原。

    前半の中原夫妻の娘が殺害された事件の犯人と、後半の事件の犯人とを同じように死刑とするべきなのか…… 
    作者は文中で平井弁護士にこんな風に語らせている。『それぞれの事件には、それぞれにふさわしい結末があるべきです』 さらに、『死刑は刑罰ではなく、運命。死刑は被告を変わらなくさせる。死刑は無力』と。

    この本の重いテーマ、死刑制度。
    廃止か存置か。
    議論が繰り返されてきているが、何が正解なのか…
    裁判員制度により、考えさせられる機会が増えたが…
    裁判員裁判による死刑判決が翻されることが続き…


    本文から
    ■いったいどこの誰に「この殺人犯は刑務所に○○年入れておけば真人間になる」などと断言できるだろう。殺人者をそんな虚ろな十字架に縛り付けることに、どんな意味があるというのか。

    ■『人を殺せば死刑ー そのようにさだめる最大のメリットは、その犯人にはもう誰も殺されないということだ』

    ■人を殺めた人間の自戒など、所詮は虚ろな十字架でしかない。

  • 冒頭
    ───井口沙織には、母親に関する記憶が殆どない。物心つく頃には、もうこの世にいなかったからだ。

    若い中学生二人の微笑ましい恋のエピソードから始まるこの物語。
    その始まりからは想像し得ないほどの重い話であった。

    東野圭吾氏ほどの売れっ子作家になると、新しい作品を書く上でのモチベーションは一体何なのだろう?
    読者を楽しませるため? 謎解きミステリーの新しい構築? それとも人間として数多ある生きていく上でのテーマの追求か?
    読者やファンを裏切らないような作品を世に次々と生み出すその底力には心底敬意を抱く。
    この作品も、ミステリーの範疇に収まらないレベルの高い問題作だ。

    小学生の娘を殺された或る夫婦。
    娘を殺した犯人は、夫婦や関係者の執念によって、一審では無期懲役だったものを、二審ではその判決を翻し死刑にされる。
    それでも、その出来事は夫婦に深い傷を与え、生きる目的を失ってしまい、離婚する。
    それから、数年後、今度は別れた妻が------。
    自殺か、他殺か?
    そこには、若い恋人たちの過去の過ちが関係していた。

    生に対する尊厳。死に対する絶望。
    この二つの心情が絡み合って、物語は核心へと進んでいく。

    死刑制度は必ずしも必要なのか?
    死刑になったからといって、遺族の気持ちは治まるのか。
    なかなかに考えさせられる作品だった。
    東野氏、単なるミステリーではない良作を書き切る抽斗がまだまだ健在のようである。

    *最後に一点だけ、違和感を覚えた記述が------。
    P37
    事情聴取では、なぜ八歳の子を一人にしたのか、という点をしつこく訊かれたそうだ。
    「ふつうの親ならそんなことはしませんよね、そんな無責任なことはって、そういわれちゃった」

    そうかあ?
    八歳の子を家に一人にしておくぐらい、当たり前じゃないの?
    小学校二、三年生なら、もう一人でお留守番しても全然おかしくないんじゃないの?
    俺なんて、数十年前になるけど、小学校一年生の時に両親が共働きで鍵っ子だったから、一人で家にいたんだけど??
    と思ったんだけどな。
    これに関しては、「そんな無責任なことは」と母親を責める警察の(東野圭吾の)感覚が明らかにおかしいと感じたのだ。

    以上

    • vilureefさん
      こんにちは。

      最近、東野作品からは遠ざかっていたのですが、koshoujiさんのレビューを読んだら読みたくなりました。
      が、なんとそ...
      こんにちは。

      最近、東野作品からは遠ざかっていたのですが、koshoujiさんのレビューを読んだら読みたくなりました。
      が、なんとそんな引っかかりが・・・。
      そりゃないですよね。
      人気作家さんともなると現実とかい離してしまうのですかね。
      ムムム。
      2014/06/18
    • koshoujiさん
      vilureefさん、お久しぶりです。

      この作品、結構評判良いようです。
      ただ、八歳の子が家でちょっとの間お留守番なんて、ごくごく普...
      vilureefさん、お久しぶりです。

      この作品、結構評判良いようです。
      ただ、八歳の子が家でちょっとの間お留守番なんて、ごくごく普通ですよね?
      しかも、お母さんが買い物に行っている間だけなんだから。
      「普通そんな無責任なことしませんよね」とお母さんを怒る警察の発言には、東野圭吾の普通って何なんだ?
      と思っちゃいました。

      ちなみに、このすぐ後に読んだ「一千兆円の身代金」なんて、9歳の男の子が革命を考えるような話なので、なおさら違和感がありました(笑)
      2014/06/18
  • 一気読み〜
    前半は死刑について。
    後半は私にとっては史也と沙織の話。

    死刑についてはすごーく興味がある分野で、どちらかと言えば死刑は反対。
    この本を通じてやっぱり考えは変わらなかった。


    後半の史也と沙織は、プロローグがすごく幸せな感じだけあって2人の人生がかなり対象的で読んでて辛かった。
    幸せになって欲しかったー

  • 読書を再開して1冊目の本だったけど、内容がかなり重かった。
    死刑制度…いろいろな考えもあるし当事者にならないと分からないと思うけど、すごく考えさせられる内容でした。
    すごく引き込まれて一気に読んだけど後味はあまり良くなかったかな。

全730件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者χの献身』(文春文庫)で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川書店)で第7回中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』(PHP研究所)で第26回柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。

「2022年 『希望の糸』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×