火星に住むつもりかい?

著者 :
  • 光文社
3.51
  • (128)
  • (409)
  • (467)
  • (81)
  • (13)
本棚登録 : 3072
レビュー : 449
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929893

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 残酷な拷問の描写に気持ち悪くなりつつも、早く読み切りたいからか本が手放せない。
    読み終わってホッとした。
    多分理解できてるんだろうけど、擬態とか、疲れた頭には難しかった。

  • この重い(&怖い&不気味な)テーマを、ノリのいいロックを聴いているが如く読まされてしまうマジック。
    伊坂ワールド恐るべし。

  • 久々伊坂幸太郎
    うーん
    さすがに死刑はないよね
    と思った

    GWはいっぱい読みたかったやつを読むぞ!と思ってたけど
    図書館等で読みたい本をゲットできなかったのが敗因‥(>_<)
    まんがは充実してたけど
    本が残念だったかな〜
    準備不足‥

  • 「正義」「平和」「偽善」が入り混じった内容。展開はとても好きだった。
    伊坂作品でよく思うのは、「読むときは、短期間で集中して」読まないと
    読者として、伏線回収ができない。
    大どんでん返しをお家芸にする作家さんなので尚更であるww
    ゴールデン・スランバー同様、ディストピア系の小説。
    人の深層心理を操るとか煽るとか、そこに恐怖を感じた。

    気力を要する作品だったけど、なぜか嫌いではなかった。

  • うーん。
    面白かった。面白かったよ。けどね……。

    まあ、設定自体近未来フィクションだから
    ありえないっていえばありえないオンパレードなんだけど。
    細かいところ。
    爆死したはずの捜査官が生きていた、って
    死体を持ち込んで爆死したように見せかけた?
    そりゃないでしょう!
    どうやって死体を持ち込むのか。(一人で?)
    家に落ちていた毛髪でDNA鑑定、ってことは
    死体の毛髪を置きに家に帰ったのか。
    顔もよくわからない、って、警察に入るときに
    顔写真撮らないのか。

    などなど。
    細かいイレギュラーが気になって気になって
    正直、入り込めなかった。

    ギロチンとか密告とか、まあ暗喩としては
    なかなかスパイスが効いていてよかったけども。
    なので、☆2に限りなく近い☆3で。

  • もし私たちの住んでいる世界で正義が正義の体を使って善人を罰するようになってしまったら…。未来がcommunismになってしまうかもしれない。
    ほかの国に住んで見える日本の世界。いかに日本が他国と比べて変な国なのか、それと同時に日本がいかにいい国かがわかる。
    もう国境だとかパスポートだとかいってる時代は過ぎようとしている。私たちで自分の武器を使って私たち自身で作り上げていく未来。自分自身で無限大に選べる未来が私たちにはある。

  • 日本のデイストピアを描いた近未来小説。救いの無さからどんでん返しまで完璧。

  • 仙台に“平和警察”という名の警察組織ができる。
    危険人物と思われる人を拘束し、拷問し、自白を強要し、次の危険人物の情報を引き出していく。そして、その危険人物は公衆の面前でギロチン処刑されるのだ。
    まさに魔女狩り。

    平和警察の操作する情報をそのまま鵜呑みにしていく一般市民。
    「これだけの悪いことをしたんだから、処刑されて当然だよね」

    正義とはなにか。
    人の中にある善悪の基準はそんなに簡単に操作されるのか。

    「火星に住む…」SFかと思って読んだけど、全然違ってちょっとがっかり。

  • キャプテンサンダーボルトを読んだときも思ったが、
    これとゴールデンスランバーと3作はある意味似ている。
    国家権力に対して、力をもたない一般人が逃げながら戦うような
    そんな感じがする

    その中ではこれが一番つまらなかったかも
    悪くはないが、そこまでではないなあという感じが

    最終的にどう終わるのかが読めないのがなんかいやだった
    本来だったらいいことなんだろうけど
    目標というか
    主人公が何に向かっているのかがよめない
    だから状況が悪くなったのか、よくなったのかとかが
    よめなくてなんか……みたいな
    そーかんがえるとゴールデンスランバーとかもそうだよな

  • こういう物語を読むと、自分がもし処刑される側になったらという恐怖を抱くけれど、実際は逆の処刑する側になってしまう方が多いのだろうと思う。

    自分が殺されないために殺す方を選ぶ、間接的にではあっても。正義とか秩序のためという名目で。

    こんな極端な世界ではないにしても、日常生活で感じる息苦しさの構図は既にこうなっているように思う。

    自分は誰の処刑にも加担したくはないが、じゃあ誰かのために声をあげられるか。やはり怖い。でも違和感はなくしたくない。

全449件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

火星に住むつもりかい?のその他の作品

伊坂幸太郎の作品

火星に住むつもりかい?を本棚に登録しているひと

ツイートする