槐(エンジュ)

著者 :
  • 光文社
3.51
  • (22)
  • (48)
  • (47)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 278
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929954

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 月村了衛さん、最初に読んだ本は、2015年4月「土漠の花」でした。テンポの良さが記憶に残ってます。次は2年半後、先日読んだ「ガンルージュ」、面白かったです。主婦(元公安)と先生(女性)の小気味よい活躍、読んでて心が躍りました。そして今日読んだ「槐(エンジュ)」(2015.3発行)、「ガンルージュ」よりもっと面白かったです。そして読後の余韻がとても心地よいです。「クッキーひとつ」が人の心を掴み生死を分けることもあるんですね(^-^) 由良季実枝先生、脇田大輔教頭、そして勇敢な生徒たちに大拍手です!

  • これぞエンタメ!まさに極上のB級作品だと思う。
    B級って失礼な表現かもしれないが、A級より下のB級ではなく、A級とは別物の超娯楽作品という意味だ。今時はB級グルメの方が美味しかったりするからね。
    とにかく格闘・戦闘ものを書かせたら月村さんは別格。ところが今回は日本の、しかも中学生の野外活動がテーマだということで、ちょっと心配していた。そりゃそうだろう。「土漠の花」のような設定とは全然違う、生ぬるい国日本が舞台なのだから。
    でもやっぱり出てきましたね。百戦錬磨のテロリストが・・・。
    最後には必ず勝つということが分かっていても、ハラハラ感がヒートアップする作品をこれからも作者に期待する。

  • すごい。
    悪人達とは言え、大量に人が死ぬ小説は疲れやすい。
    けど、このスリルとスピード感には夢中にさせられた。
    正体が分かるまで何度も「ライザ?」って思った。

  • なんていうか、謎の感動。
    なんていうか、シンプル・イズ・ベスト。
    キャンプ場で襲撃される中学生、生き残れ!絶望的な戦いに挑む中学生、みたいな帯の煽りを読んで想像したのは「バトル・ロワイアル」みたいな物語だったが、いざ読んでみたらそれは「機龍警察」のヒロインの流れを汲む、めちゃ格好いいアクション小説であった。何が悪で何が善かわからないこの世の中で、ここまでの勧善懲悪はとっても気持ちいい。そして同時に青春小説の体もなしている。時々あまりにジュブナイルな表現が気にはなったものの、まったく見事なエンタメだ。
    内容はまるっきり違うけれど、なぜか「ドラえもん」(映画版)と似た印象を覚えた。
    なんていうか、王道。

  • ないわーwww
    と言いたくなるような舞台立てだが、「屍人荘の殺人」を経験した後(個人的な読書順)ともなれば、もはや何でもどんと来いである。噴飯もののトンデモ設定でも、面白ければ許す。面白ければ。

    結論として言えば、一気読み。確かに面白かった。
    だが同時に、軽かったとも。
    ハラハラドキドキの娯楽作品。それ以上でも、以下でもない。ハナからそのつもりで書いたのなら、作者はかなりの手練れと言えるだろう。

    ハリウッドの娯楽超大作映画みたいな話。
    それを求めて手にしたならば、たっぷりと満足させてもらえるだろう。

    2019/2/23読了

  • 携帯電話が繋がらない湖畔のキャンプ場
    中学校の野外活動
    国際テロ活動家の孫娘、槐
    暴力団同士の抗争

  • 月村了衛、脱出物ホントに上手い。都合良い事が多いけど、この手のストーリーにはしょうがないかな?ホント面白く、一気読み。教頭先生フラグ立ちまくりだったけど、期待以上に格好良すぎ。この物語の真のヒーローかも。最期には涙。

  • 面白い、主人公がカッコイイ、なかなか悲惨な話だったけど。
    脇役の教頭先生がたまらない。

  • エンターテインメントの王道、怒濤のドラマ。罪なき少年少女は生き残ることができるか?
    バトル・ロワイアルの様なサバイバルを想像しましたが、ハードボイルドの方が近いかな。
    保身的な教頭、無表情な女教師、バイク好きの不良、薙刀が得意な女子、山に詳しい男子…
    誰がどう動くかなど、何となくの想像通りではあったものの、単純に楽しんで読めました。
    小難しい部分がなく一気読みさせる作品。深みやえぐみが感じられるとなお良かった。

  • めちゃめちゃ面白かった。入り込んで読んだ。土漠の花も印象に残ってるが、この本も良かった。

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

槐(エンジュ)のその他の作品

槐 (光文社文庫) 文庫 槐 (光文社文庫) 月村了衛

月村了衛の作品

槐(エンジュ)を本棚に登録しているひと

ツイートする