東京近江寮食堂

著者 :
  • 光文社
3.41
  • (6)
  • (31)
  • (37)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :187
  • レビュー :29
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929985

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公・妙子。年齢は還暦少し前。
    滋賀から東京へ、十年前に家出した夫を探しにやってくる。
    そこで失くした財布を拾ってくれたのが、
    滋賀県公認の宿泊施設である近江寮の責任者・安江。
    そして、そこの食堂でまかないのお手伝いをしながら探すことになり…。

    食堂とおばちゃん…。
    もっとほんわかとしたお話を想像してました。

    妙子の夫への深い愛情はわかるんですが、
    そのために何度も堕胎していたという設定がどうも理解できなくて…。
    (産婦人科にお勤めしているのにですよ。)
    でも最後、よろめきながら玄関に向かう姿にはじーんとしました。
    明るく前向きな安江がムードメーカー。
    でもさすがにあのお料理は…(笑)

    自分が生まれ育った土地の食べ物って、
    やはり思い入れがあるんでしょうね。
    丁字麩の酢味噌和え、気になります。

    介護や終末医療もあって、少しシビアな内容でしたが、
    食べることは生きること。
    食べられる幸せに感謝しなくてはと思いました。

    • koshoujiさん
      東京の旨い物屋、神田の「ぼたん」とか「いせ源」とか早稲田の「メルシー」を思い出したので、こちらにお返事を。
      ああ、メルシーのラーメンが食べたい!!

      >マイスター、なんて素敵な~♪
      >初山別のHPで見つけましたよ~可愛いお名前を。
      MA……YUMEです。見つけちゃいましたか(笑)。
      私自身もすっかり忘れていたので、未だに残っていることに感動しました。

      >そういえば園子がこんなコートをきていたなぁと、こちらに返信しました。
      あんなコートでしたね。それにランドセル背負って(笑)。
      でもあのバッグ、どうしてあんなにランドセルみたいな形なんだろう。不思議ですね。

      >小路幸也さん、好きなんですが、・・・なんですね。
      >この本は遠慮することにします(#^^#)

      小路さんは私には当たり外れがあるみたいです。
      語り口がラノベっぽくて、私には入りにくいのかな……。
      中村航だと大丈夫なんですけどね。
      2016/03/05
  • 2016.10.5
    出て行った旦那さんを一人で10年思い続ける。すごいなあ。設定にびっくり。
    食べることの大切さ、食卓をみんなで囲むあたたかさ。一人で食べるごはんが美味しくないのはそういうことかも。

  • 滋賀県の郷土料理は知りませんでしたが素朴で美味しそうです。
    悲しくても辛くても食べることで自分を作っていけば明日につながる気になります。
    10年くらいでは切れない縁もある…想い続けるって素敵です。

  • 滋賀に住む還暦近いおばちゃんが失踪した夫を探しに東京へ。
    全体的に楽しい話ではないけれど、そんな中でも出来ることを周りの協力も得ながらも、少しずつ踏み出していく姿に一気読みしてしまった。

    夫との関係を見直し、彼に招待状を出して食堂に来てもらう最後も好きです。
    鯖そうめん、テレビで見て気になってはいたのですけど、ますます気になる。一度食べてみたいです。郷土食のいわれや病人の味覚の変化も興味深かった。

    表紙の食卓の絵に近江料理が一品でものっていれば尚良かったのに。

  • もっとご飯に焦点をあてた人情ものなのかと思ってたけど、少し違った。10年前に失踪した夫を探しに、滋賀から東京へとやって来た妙子さんのお話。
    近江の食にもピンと来ないからかな、ご飯ものの話を読むと大抵お腹が空くのに、これはさらりと読めてしまった。
    でも妙子さんと安江さんのコンビは良かった。二人が再会した時の、お尻を叩きあう姿が微笑ましい。読んでいて気持ちのいい、そして印象に残るシーンだった。

  • 図書館で借りたもの。
    10年前に消えた亭主の行方を追って滋賀から上京した妙子。
    谷中にある近江寮で美味しいごはんを作りながら、食べること、生きること、進むこと、を考える。

    滋賀県公認宿泊施設『近江寮』は、滋賀在住の人なら、県から補助金が出て安く泊まれる宿。
    10年前にいる出ていった夫を探しに東京に来た妙子は、休暇中だけ近江寮の食堂のおばちゃんとなる。
    妙子の料理は評判を呼び、外国からの観光客も多く訪れるように。
    近江の郷土料理も出したり。
    妙子は本格的に食堂のおばちゃんとなる。

    後半からぐっと良くなった。
    食べることは生きること!自分で食べられるって幸せなことだ。

  • ▼福岡県立大学附属図書館の所蔵はこちらです
    https://library.fukuoka-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=153247

  • 食べることは生きることなんだよな…っと当たり前のことを考えてしまった。

    滋賀県に行ったこともなければもちろん郷土料理を食べたこともなく、めんつゆ愛好家の私には少々耳の痛い所もあったけど人情味溢れる話しにほっこりしました。

    2017.5.29読了

  • 渡辺淳子さん、初読み作家さんです。「東京近江寮食堂」(2015.3)、読友さんの紹介で読みました。夫婦の愛、近江料理、国際交流のある寮の料理、ホームレス、オカマ、・・・、いろんなテーマが内蔵された作品です。その中心は「昆布だし」のような旨味の詰まった「食事」であり、食べられることへの感謝をわすれない「人間の愛情」でしょうか!

  • 滋賀料理を検索しながら読みました

全29件中 1 - 10件を表示

渡辺淳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする