タイゾー化する子供たち The Wandering Students (光文社ペーパーバックス)

著者 :
  • 光文社
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334933913

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 待遇の良さに魅かれて優秀な学生はみんな外資系企業に行ってしまい、アメリカへのMBA留学生も増加傾向にある昨今。こうした動きはすべてアメリカが日本の資本を手にするための謀略であると著者は力説します。郵政民営化にしても、おかげで郵便局に眠っていた巨額の資本がアメリカに吸い上げられる準備ができてしまったと警鐘を鳴らします。そんな本当に…?と言いたくなってしまうところですが、著者本気のようです。しかし努力の結果がしっかり見返りとなって返ってくる社会にしないと、学歴信仰は崩壊し、誰もが一発逆転の企業、あるいは選挙戦へ出馬を決行し、杉村「タイゾー化」してしまう社会が待っているというのはわかる気がします。しかし高給の外資には目がくらみますよね。。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

原田 武夫(はらだ・たけお)
1971年香川県生まれ。株式会社原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)代表取締役(CEO)。(現・公益財団法人)末延財団奨学生として東京大学法学部在学中に外交官試験に合格、外務省に外務公務員I種職員として入省。12年間奉職し、アジア大洋州局北東アジア課課長補佐(北朝鮮班長)を最後に自主退職し現在に至る。「すべての日本人に“情報リテラシー”を!」という想いの下、情報リテラシー教育を多方面に展開、マーケットとそれを取り巻く国内外情勢の調査・分析や、次世代人材育成等を行う。主要近著に『国家の読み解き方――憲法学という教養』(勁草書房)、『アメリカ秘密公電漏洩事件――ウィキリークスという対日最終戦争』(講談社)、『「日本バブル」の正体――なぜ世界のマネーは日本に向かうのか』『ジャパン・ラッシュ――「デフレ縮小化」で日本が世界の中心となる』(以上、東洋経済新報社)、『それでも「日本バブル」は終わらない――残された2年間ですべてが変わる』『世界史を動かす日本――これからの5年を迎えるために本当に知るべきこと』(徳間書店)等がある。

「2014年 『甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田武夫の作品

ツイートする