三男一女東大理3合格! 中学 高校 大学 志望校に一発合格する過去問攻略法

著者 :
  • 光文社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334951214

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 過去問って、そんなに大事なんですね。って知ることのできる本。確かに、過去問の切り取り方ややり方も書いてありますが、高校・大学受験への取り組み方法や普段からの勉強方法についても書いてあるので、大学付属の中学受験に成功した人以外の人たちの多くに、今後、受験が存在する人の多くに参考となる本です。

    P41 高校受験の過去問攻略法…解く時期と回数

    ・公立高校を受験する際には、中3の9月頃から。
    ・国語は中3の4月から。

    P48 過去問でつまずいたとき

    ・基礎が来ていなくて、大苦戦しているときには
     分かるところまで戻る。

    ・お勧めの本
     数学は、語りかける中学算数
     英語は、くわしい問題集 英文法中1~3 新装版
     大学受験では、
      センター試験〇〇の点数が面白いほどとれる本
     社会は、実況中継シリーズ

    P50 参考書・問題集リスト

    P88 問題集は、半分から始める。
     
     ・途中で疲れたりしないように。
     ・最初に難しいのをやって、後から簡単なのを。

  • すごく参考になりました!
    薄い本ですが、真似してみたいテクニックが色々と。
    ネタバレになりそうなので、あまり書けませんが、私が即実践したいと思ったのは、何問か間違えたところは、あと少しで解けそうな2問くらいだけを復習するというテクニックです。子供の受験のみならず、大人の資格試験の対策にも役立つ本だと思いました。

  • 過去問の取り組み方が
    中受〜大学受験まで
    それぞれの対応の仕方別に書かれているので
    参考になった。

    過去問に対する考え方が
    甘かったなと反省。

    佐藤さんのようにはできない点が
    多いが、考え方が
    いつも参考になります。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

大分県出身。津田塾大学卒業。大分県内の私立高校で英語教師として勤務。結婚後、夫の勤務先の奈良県に移り、専業主婦に。長男、次男、三男、長女の4人の子どもを育てる。長男、次男、三男は灘中学・高等学校を経て、東京大学理科三類に進学。長女は洛南中学・高等学校を経て東京大学理科三類に進学。現在、長男と次男、三男は医師として活躍。長女は東京大学医学部の学生。その育児法、教育法に注目が集まり、進学塾の浜学園のアドバイザーをつとめながら、子育てや勉強、受験をテーマに全国で講演を行う。
著書に『受験は母親が9割 灘→東大理Ⅲに3兄弟が合格!』『佐藤ママの子育てバイブル』(いずれも朝日新聞出版)『頭のいい子に育てる3歳までにぜったいやるべき幼児教育』(東洋経済新報社)ほか。

「2021年 『我が家はこうして読解力をつけました』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤亮子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
宇佐見りん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×