子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力

  • 光文社
4.13
  • (43)
  • (28)
  • (20)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 470
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334962142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書の惜しい点を一つ挙げるとすれば,それは邦題にある。

     『子どもは40000回質問する』

    これではどこかの子育て指南書と勘違いされかねない。
    (少なくとも私は勘違いした)

    もともと本書の原題は CURIOUS(「好奇心旺盛な」という意味)。
    そう,本書はわれわれヒトの「好奇心」について,
    心理学的な側面から解説した一般向けのノンフィクションである。


    本書はまず,言葉を理解する子ザル・カンジの紹介からはじまる。
     
    カンジは人が話す言葉を理解して,口頭で受けた指示に従うことができる。
    たとえば,記号を使っておやつをねだったり,
    ドアを開けてほしいと頼むとその通りにしてくれる。
    カンジはいわば,天才子ザルだ。

     
    この実験によって,カンジの知能がきわめて高いということ,
    そして人間と同様に,サルも言葉を理解し,それを操れることが示された。
    つまり,動物の中で,人間とサルは知能的に近いといえる。
    しかし,この実験によって両者の違いも浮き彫りとなった。

    カンジが絶対にしないのは,なぜかと問いかけることだ。(P12)

    カンジは冷蔵庫を使えるが,その仕組みに疑問を持たない。
    自分の周りにいる人間の生態に興味を抱かない。
    自分がサルであることに疑問を持たない。
    人間はサルを観察し,その生態を解き明かそうと必死なのに…。


    好奇心とは何か。
    サルとは違い,人間が「なぜ?」と問うのはどうしてか。本書はその謎に迫る。

  • 近年読んだ本ではダントツに面白く、かつ勉強になった!


    特に好奇心のU字曲線と学校の基礎学習の話はまさに納得。

    学校の勉強なんか詰め込み式で受験用でしかない云々…というフレーズ(←上手く言えないけど、なんか安易過ぎてあまり好きじゃないのよね)が巷によく溢れてるけど、その主張に対して明確に反論している。基礎となる知識がなければそもそも好奇心が湧かないというのは、最近読んだ滝本哲史さんのミライの授業にも通じる部分があり、自分の中でバチっとリンクしたのが気持ち良かった。


    題名からすると育児本の様に思えるが、全くそんな事はない。老若男女問わず読んでみるべき内容だと思う。
    学び続けよう、と励まされた様な気がしました。


  • 好奇心とは何なのか。

    生まれ持った性格なのか、
    人生のプロセスで得てきたものなのか。
    罪悪感を感じるべきものなのか、
    幸せに生きるための素晴らしいスキルなのか。
    好奇心を自分と世界のために
    ポジティブに活用するためにはどうしたらよいのか。
    今からでも伸ばせるのか、無理なのか。

    こんなことにヒントを与えてくれる本でした。

    好奇心は知識の量から生まれるものだそうです。
    知識の量がベースとなって
    拡散的好奇心を知的好奇心に昇華させ、
    それが組み合わされて飛躍的に育っていく。
    点と点が繋がって線になったあのクリアな感覚とか、
    凄い…と思う人が大体雑学にえらい詳しいのが
    それをよく表していると思います。

    そういう意味では、
    一見保守的と思える知識重視の詰込型カリキュラムは
    特に社会的・経済的に恵まれない層にとっては
    チャンスを与えてくれるプロセスであり、
    教育こそが貧困の連鎖を解消するという
    希望的観測の裏付けになるものなのだとも思う。
    (子供の自主性を尊重する教育を否定している訳でなく
    教育についてももう個別化の時代ではないかと)

    幸せに生きることとは。
    新しいことを生み出して、
    自分らしく幸せに生きる手段を選択して、
    他者を思いやる想像力を育む。
    それには、
    学ぶこと、問い続けることで好奇心を育てること。
    そんな読後感でした。

  • 子どもの好奇心をその子の為に育ててやれるのは親を始めとする周りの大人たちだ。とはいえ、親は子供たちが好奇心によって絶えず指を指したり、質問したりすることに苛立ちを覚えることもある。食事の用意をしている時や、友達と話している時、Eメールを書いている時、子どもの問いかけに一つ残らず応じるのはなかなか難しい。

    最近ではますます手軽に、大人が対応すべき役割をデジタル機器に任せられるようになっている。テクノロジーは、子どもの好奇心から親をしばしば解放してくれる素晴らしい存在だ。私たちは子供をテレビの前に座らせておくことも、携帯電話を触らせておくことも、あるいはお気に入りのゲームの入ったiPadで遊ばせておくこともできる。そういったことが子どもに対する最悪のしうちだというつもりはない。しかし私は、専門家の意見を聞き、子どもたちの学習のメカニズムについて知った今、娘からの問いかけを受け流すたびに、娘の知りたいという内なる欲求を台無しにしてきたのではないかと深く反省せずにはいられない。

  • <目次>
    はじめに  「知りたい」という欲求が人生と社会を変える
    第1部  好奇心のはたらき
     第1章  ヒトは好奇心のおかげで人間になった
     第2章  子どもの好奇心はいかに育まれるか
     第3章  パズルとミステリー
    第2部  好奇心格差の危険
     第4章  好奇心の三つの時代
     第5章  好奇心格差が社会格差を生む
     第6章  問いかける力
     第7章  知識なくして創造性も思考力も生まれない
    第3部  好奇心を持ち続けるには
     第8章  好奇心を持ち続ける七つの方法
     おわりに  さあ、知識の世界を探求しよう

    <内容>
    邦訳のタイトルはちょっと違うかも…。好奇心の重要性を説いた本だが、確かに第1部で子供時代に好奇心をしっかりと育まないと社会格差が生まれることを言っているが、全体と読むと、好奇心を育むベースには「知識」が必要であり、しかも専門性とはかけ離れた分野でも、好奇心を持って深めておくことが肝要という(それが、最初に出てくる「格差的好奇心」と「知的好奇心」という言葉に集約されるかな?)。
    学校の授業などにおいて、今の高校生があまりに「好奇心」が不足していることを危惧している身としては、それを科学的に指摘された気がして怖い。今日日の高校生(私の観ている子たちに限定かもしれないが)は、「興味関心」がとても狭くて、そういったところが「いじめ」などにもつながっている(本書でも、相手の気持ちになれるかが書かれているが)のだな、と思う。そこには小説などの読書がやっぱり必要な気がする。

    逗子市立図書館で借りたが、これは買うべきだった…

  • いーやー面白かった。面白かった。めちゃくちゃ面白かった。
    色々と衝撃。
    「人間の好奇心は個性ではなく状態」とかね!
    知識や教育が野生的好奇心を阻害して人工的な思考の型にはめていくのでは、というのは正直漠然と頭にあったのだけど、教育がなければまず自分が無知であることにも気づかないし、何かで好奇心が芽生えても背景知識がなければ向いていないと思って好奇心を捨ててしまうというのに深く納得した…そうね…知識のなさに好奇心が続かなくて投げたこと、山ほどあるわ…。
    一つ気になったのは邦題で、確かに文中に書かれていることだしキャッチーでタイトルとしてはいいなと思うのだけど、本筋ではないし、これだと子供の好奇心を主に書いていると思うのでは…(私は思った)。

  • 好奇心は知識の空白に対してうまれる。つまり、知りすぎてても知らなすぎてても好奇心は生まれない。

  • 好奇心を伸ばすことが人生において重要、という点はよく聞く話だが、好奇心を伸ばすためには従来否定されてきた知識をたくさん詰め込むことが必要であるという点に、新しさを感じた。

  • 好奇心や創造性に関すること。子育てにも役立つだろうし、自分も興味があるので読んだ。

    どこがで聞いたことのあることを、繋げられた感じ。

    勉強する意味がわかるし、説明しやすくなるだろう。

    “娘からの問いかけを受け流すたびに、娘の知りたいという内なる欲求を台無しにしてきたのではないかと深く反省せずにはいられない”と著者は書いている。
    この気持ちを普段から持ち、台無しにしないようにできるだけ子供に向き合い、問いに答えることが大事。

    子供にわかるように答えることが難しいこともある。子供が現時点でわかる単語で説明しなければならないから。
    大人もわかりやすい言葉を選んで説明できる能力や想像力が必要になる。

    大人が関わり、子供と対話し、基礎を作っていく。その上で子供の粘り強く追求していく好奇心をもてば、知的成長は大きくなる。創造性もついてくる。

    創造性は無からではなく、持っている知識から生まれる。

    まずは親の意識と知識が前提。

    とにかく、問われたら何らかの答えを出すようにしている。

    子どもは質問ばかりするけど、答えたら子どもはどんどん吸収するから羨ましいわ。

  • 名書!!

    好奇心とはなにかをまさしく著者の好奇心によって記されている

    話題になった映画「ルーム」と一緒に拝見してほしい

    世界は素晴らしい驚きに満ちている。

    そこに至るまでの過程も見せてくれる

全35件中 1 - 10件を表示

イアン・レズリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
みうら じゅん
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
瀧本 哲史
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力を本棚に登録しているひと

ツイートする
×