私にとって神とは

著者 : 遠藤周作
  • 光文社 (1983年6月発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334970246

私にとって神とはの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とある個人(そrが遠藤周作という有名人であれ)がどう神を取られているのかを知りたくて手に取った本。神は確固とした物質的な存在のあがめる対象ではなく、働きのなかにいるというのは同感だった。

  • 遠藤周作の宗教観は非常に納得がいく。宗教性がどこからはじまるのか、自分を否応無く構成しているものに対してどのような態度を取り得るか、それらを考えたうえでどのように生きていくべきなのか、こういったことを、きちんと考えて、ひとつひとつに真摯に向き合えるひとなのだということ。わたしが遠藤周作を読んでいて、違和感を感じる箇所があっても読むのをやめないのは、こういうところへの信頼感からきています。

  • 2005年2月。瑞浪図書館。

全3件中 1 - 3件を表示

私にとって神とはのその他の作品

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

私にとって神とははこんな本です

ツイートする