お笑い創価学会 信じる者は救われない―池田大作って、そんなにエライ?

  • 光文社
3.45
  • (1)
  • (7)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334972714

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 創価学会について知りたくて読書。

    主に対談から活字に起こしてるため読みづらい。

    90年代に流行したカルトや新興宗教。消滅したものも多く、残っているものもある。発信力がある芸能人が信者が広告塔という新興宗教団体も存在しているが、政党を持っている団体は他に見当たらない。しかも、現在は与党だし。

    本書発売の2000年ごろは就職氷河期だったので自己啓発セミナーが流行していたなと思い出しながら読む。自己啓発セミナーも一種宗教のようなものだと思う。そうすると宗教って何なのか、改めて考えさせてもらった。

    読書時間:約1時間

  • 創価学会、公明党を全体主義、池田独裁を面白おかしく訴える。しかし、オーム、法の華、ライフサイエンスなどと同一視するところは、宗教に対する偏見ではないかな、と思わないでもありません。つい7年前に野党の野中氏が公明党出身の神崎法相に池田大作のことを質問する議事録から、僅かの間の180度の変遷に改めて、池田氏の号令一声の独裁ぶりと自民党の公明党への遠慮に迫力(恐ろしさ!)を感じます。

  • まともであれば宗教家なんてならない。
    宗教なんてのは貧乏からの救出。貧乏人ほど騙される。貧乏だと教育がないから、ますます騙されて貧乏になる。
    創価学園という恐るべき教育機関があって、子弟はそこに行って創価学会の教育を受ける。最悪のエコシステム。
    自民党が公明党と組むのが理解できないが、相当な組織力を持っているから、怖くて自民党も何もできない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1945年、山形県酒田市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。高校教員、経済誌編集長を経て、現在、ノンフィクション作家、評論家として活躍中。「憲法行脚の会」呼びかけ人の一人。「週刊金曜日」編集委員。著書に、『西郷隆盛伝説』『安倍晋三と翼賛文化人20人斬り』『誰が平和を殺すのか』『平民宰相 原敬伝説』『敵を知り己れを知らば』、共著に、『安倍政権を笑い倒す』『難局の思想』『戦争と日本人』『原発と日本人』など多数。

「2018年 『佐高信の昭和史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お笑い創価学会 信じる者は救われない―池田大作って、そんなにエライ?のその他の作品

佐高信の作品

ツイートする