「アメリカ信仰」を捨てよ―2001年からの日本戦略

  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334972790

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでおいて損はない

  • 初読

    青少年健全育成条例の件で名前を見かけて、
    夫の本棚から引っ張り出してきました。

    日本人に発破をかける、て目的はかなってるよね。
    2000年発行なんだけど、10年たった今、
    第一章の「アジア2025」の流れになってきてて怖いわ~。嫌だわ~。
    すごいよね、中国。
    右傾化もしてると思うけどさっ

  • 2001.10.26購入
    (「BOOK」データベースより)
    惨憺たる日本の自己放棄は何によってもたらされたのか。戦に破れはしたが、有色人種の中でただ一人近代国家を作り上げた日本を一種のエイリアンとして恐れたアメリカが戦後徹底して行った、意識、下意識からの日本解体の成果だ。結果我々は彼らの価値観をあてがわれるままに他力本願を培われてしまった。誇りある完全な自立国家へ。

  • 「アメリカ信仰を捨てよ」
    「日の丸に感動しても右翼と決め付けるな」
    大賛成です。
    とても興味深い一冊でした。
    知らなかった事をたくさん知ることができました。
    これは読んでおいた方がいいと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家、元衆議院議員、元東京都知事

「2017年 『巷の神々 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石原慎太郎の作品

ツイートする