ビジュアル版 最後の藩主 四七都道府県別の幕末維新

  • 光文社 (2004年11月19日発売)
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334974640

ビジュアル版 最後の藩主 四七都道府県別の幕末維新の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イメージとして江戸時代は各藩が参勤交代していてる一方で、幕末の戊辰戦争当時は薩摩・長州・土佐・朝廷と徳川慶喜・松平容保の会津しか目立たないイメージ。
    ところがどっこい、その二つの時代はつながっていて幕末期でも300藩と殿様、家臣団がいた。その徳川幕府が無くなる大政奉還という一大転換期に、紀州徳川や容保の兄が居る尾張徳川、加賀百万石に仙台の伊達家、将軍不在の江戸城や水戸徳川や一橋家など各藩が何をしていたかが分かる興味深い本。

  • タイトルそのまま、全国にあった藩の最後の藩主(場合によってはその先代)を紹介した1冊。幕末維新期の全国の動向を抑えておくには手軽な本です。また藩主の写真が豊富で豪華。小ネタものっているので良いかと。

  • 新撰組や白虎隊と比べると、どうしても陰が薄い大政奉還時の各藩主について、写真入りでまとめられた一冊。
    幕末はあまり詳しく知らないため、いろいろとためになったし、殿さまの器の大きさもさまざまだったんだなあと、人間的な面がわかって身近に思えるようになりました。

    例えばこんなこと↓

    徳川慶喜:鳥羽伏見の戦いで敗れて江戸城へ→城内には彼用の布団の一組さえなく、やむなく一ツ橋家の実家から運んだ
        :口がうまかった→大奥節約の件で篤姫、和宮と仲が悪かったが、対面後は口のうまさで二人を味方につけた

    山梨、甲斐の国:幕末藩なし:土佐藩の乾退助→信玄の側近、板垣信方の子孫という伝説を利用し、板垣退助と改名→「武田旧臣が徳川から甲州を取り戻しに来た」と触れ込む→民衆官軍にてきめんの効果

    県庁が福島に置かれた理由:若松・福島・磐城の3つを合併した真ん中だから。若松・磐城が薩長に恨まれたわけではない

    薩摩(鹿児島)の島津久光:廃藩置県→花火を上げてうさ晴らし

    上杉鷹山:宮崎の高鍋出身、秋月家からの養子。父も名君、弟も秀才

    「水戸人がスタイリストなら長州人はリアリスト」同じ勤皇でも違う 
    長州藩300年雌伏の時:しつこさが倒幕の原動力
    外郎(ういろう)→元から薬として長州に入る。後に餅として山口県の名産に。

  • 殿様が、かつてどんな生活してたのかがよくわかった(笑)倒幕派・佐幕派・中立穏健派に分類、維新後の末路まで書いてあって親切。

全5件中 1 - 5件を表示

ビジュアル版 最後の藩主 四七都道府県別の幕末維新はこんな本です

ツイートする