検証「国策逮捕」 経済検察はなぜ、いかに堀江・村上を葬ったのか

  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334975050

作品紹介・あらすじ

検察とヒルズ族の攻防を追った総力ドキュメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オフィス樋口Booksの記事と重複しています。記事のアドレスは次の通りです。
    http://books-officehiguchi.com/archives/4011911.html

    東京新聞特別取材班が当時ライブドア社長だった堀江貴文氏と村上ファンドの代表取締役だった村上世彰氏が逮捕に至った経緯、事件の捜査について詳しく書かれている。最終章では、捜査の範囲を海外に広げようとしたが、不発に終わった経緯について詳しく述べられている。

    この本の感想として、大阪や東京などの地方検察庁に特捜部があるようだが、特捜部は世論や国民感情で動くことが多い。特捜部という権力を持った組織があるのは気味が悪いと感じた。冤罪の原因の一つではないかと思うことがある。

  • 判るけど、鈴木宗男辺りを読んだ後だと、周りが書いたものはあんまり迫力なく、正直時間無かったこともあって序文だけで中読まず。
    改めて読むかどうかは微妙。\

  • ライブドアの錬金術のところはとても勉強になりました。
    逮捕されるのが良かったのか悪かったのかという議論は未だつきませんが、ルールに則りながらやった非倫理的買収スキームの責任を、別の細かなルール抵触に引っ掛けて取らされたという見方が出来るのは事実かと思います。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする