言い残された言葉

著者 :
  • 光文社
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334975357

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 常にぶれない強い信念を持ち、歯に衣着せずはっきりとものを言う姿勢は素晴らしい。
    時代とともに失われてきた日本の良さ、家庭の本来あるべき姿を改めて考え直す機会にもなる。
    世間でもてはやされていることには、つい迎合してしまいがちであるが、皆が良いと思うから良いのではなくて、自分の頭でしっかり考え、事の善し悪しを判断できる姿勢を身につけなければならないと強く感じた。

  •  三浦綾子さん、遠藤周作さん、壺井栄さんなどの作品等を読んでいる中で曽野綾子さんの名前を何度か見かけ、
    「言い残された言葉」を購読するに至りました。

     物事を多岐に渡って考え、多くの選択肢・可能性を導き出し
    また再考察する。

     簡単には決断をしない「考える」こと「考え続ける」ことで辿りついた 曽野綾子さんの一つ一つの言葉と文章は時に共感、
    時に痛感を感じさせるものすごい力で心を揺さぶりました。

     しかし、この本全部の内容も曽野綾子さんの思考・人生観のほんの一部分なのでしょう。 圧倒的な考える量と力を文章化する能力もさることながら、善にも偏らず悪にも偏らずにとことんフェアな目線であることに何かとても「大きい」ながら「温かなもの」を感じて満足感に浸りながら読み終えました。

     曽野綾子さんの言葉は今後、自分の人生をずっと支えてくれるような気がしています。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1931年生まれ。聖心女子大学文学部英文科卒業。大学在学中から同人誌で執筆を始め、23歳の時「遠来の客たち」が芥川賞候補となり文壇デビューを果たす。1979年、ローマ教皇庁より「ヴァチカン有功十字勲章」を授章。1972~2012年まで海外邦人宣教者活動援助後援会代表を、1995~2005年まで日本財団会長を務めた。『誰のために愛するか』『老いの才覚』『人間にとって成熟とは何か』などヒット作多数

「2018年 『納得して死ぬという人間の務めについて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

言い残された言葉のその他の作品

曽野綾子の作品

ツイートする