マネーはこう掴む 個人で使えるデリバティブ

著者 :
  • 光文社
3.25
  • (3)
  • (9)
  • (33)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334975364

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012/05/03
    「はじめに」が苦しい言い訳から始まってるとかおもろい。笑
    ほんまなんとでも言えるな。当たらなければそれはヘッジだとか、リスクをとってきたとか、長期的には大丈夫とか。印税収入も楽じゃないな。

  • 藤巻健史の本は何度読んでもタメになります。今は大損しているとのことですが、最後には大勝するんでしょう。私も参考にしてます。

  • 何をすればよいのか分からない。難しい。

  • 難しい。個別のデリバティブに関してはすべてを読めなかった。
    著者曰く。資産運用で成功するためには、正しく経済を分析することと適切なツール(商品)を使いこなすこと。そして、適切なツールがデリバティブだという。デリバティブとは金融派生商品で、為替先物、外為証拠金取引、債権先物など。
    難しい。個人投資家が行えるのも限りがあるという。日経225などはこれから良いという。
    本書でも、今後のインフレ傾向、長期金利で借金をし、不動産投資を行い、利ざやを稼ぐ方法を推している。
    日本の市場におけるデリバティブの未発達、政府の無策なども指摘する。
    もう一度、もう少しこの分野を理解してから読んでみた方が良いだろう。

  • 藤巻氏の著作、1作目である。2作目というのは、個人的にという事で、出版ベースで
    新書や他の本も出ている。ただ、1作目の続編という形に近いと考え手にっとった次第
    である。

    内容は、氏の予想が外れた事から始まるのだが、氏は前作に続き「物」を買うことを
    止めてはいない。インフレになるから。そして、さらに今回はデリバティブまで説明を
    行い、債権先物を売り建て、日経先物を買っているとの事だが、今回は正しく続編に
    近い形で、ほとんどがデリバティブの説明になっていて、それをうまく使う事を奨励
    している。

    今回のポイントは、以下

    1.株を買うのか、売るのか、債権を売るのか、買うのか全体思考で投資する
    2.ポートフォリオが最重要
    3.レバレッジは、1〜3倍で

    の三点であると思う。特に、2が重要であると氏は説いている。
    具体的には、日本の株何%、アメリカの株何%、欧州の株何%といった、個別銘柄
    ではなく、どこの国の何をいくつ持つのか。それらの組み合わせが重要だと。
    実際に、ここ20年で利益を得た人は、日本バブル時に土地を売り、そのお金で
    今度はアメリカの土地を買って売る。そうしてきた人達である。

    ただ、最も重要なのは、

    4.最新の金融知識を得る事(知識全般も)

    だろう。私達はあまりに知らなさすぎる。知らないが故に、他人責任になって文句を
    言ったり、金融派生商品は駄目だと言う事になる。現に、藤巻氏は10年以上前から、
    このような仕組みを利用して利益を享受している。

    このタイムロスはあまりに大きいと言えるだろう。
    今からでも埋めるだけ埋める必要があると個人的には感じた。

  • 著名人ですな。

  • 自分でも言ってますが、外れてます。

    モルガン時代の話は華麗なのですが。

  • 私は今は債権を買う時期なのか、株を買う時期なのか、売る時期なのか、そういうことだけを考えていました。

    景気がよくなるなら「日経225先物を買って、債権先物を売る」、逆に景気が悪くなるのなら「日経225先物を売って、債権先物を買う」

  • 藤巻氏の運用法。先物、日経255の解説。常識のとらわれない視点。オプションの話。すごく実践的な本。

  • デリバティブの使い方がわかります!
    今がチャンス!!

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

フジマキ・ジャパン代表取締役、参議院議員

「2017年 『日銀危機に備えよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤巻健史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

マネーはこう掴む 個人で使えるデリバティブを本棚に登録しているひと

ツイートする