未来を予見する「5つの法則」

著者 :
  • 光文社
3.94
  • (36)
  • (34)
  • (37)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 277
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334975463

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界の発展の5つの法則



    第一の法則 螺旋的プロセスによる発展

    世界はあたかも螺旋階段を登るように発展する。



    第二の法則 否定の否定による発展

    現在の動きは必ず将来反転する。



    第三の法則 量から質への転化による発展

    量が一点の水準を超えると質が劇的に変化する。



    第四の法則 対立物の相互浸透による発展

    対立し、競っているもの同士は互いに似てくる。



    第五の法則 矛盾の止揚による発展

    矛盾とは世界の発展の原動力である。





    資本主義の発展に伴い、全ての営みが商品とし売買されるようになり、貨幣に換算されるという文化が広がり、それと共にボランティアの文化は失われていった。だが、ネット革命の到来により、その文化が甦ってきた。



    均質化と個性化の螺旋的発展。



    進化の本質は多様化である。単に古いものが消え、新しいものに置き換わる事ではなく、昔からある古いものと新たに生まれた新しいものが共存し、共生し、棲み分けることによって世界の多様性を高めていくプロセスである。



    知識社会においては、言葉で表せる知識が価値を失い、言葉で表せない智慧が価値を持つ。



    コストを劇的に下げる事で、主戦場の移行を早める事ができる。

    例えば、通信料金の量的変化が市場文化の質的変化をもたらす。



    民主主義は、多くの人々が意思決定に参加する事から多くの人々が社会変革に参加することへ深化する。



    非言語コミュニケーションとイメージコミュニケーションの時代が幕を開ける。



    考える力、論理的思考力から感じる力、感覚的直感力へのパラダイム変換が起こる。



    イデオロギーからコスモロジーへのパラダイム変換が起こる。

    (*コスモロジー、、世界に存在する様々な価値観を全て受け入れていくだけではなく、異なった価値観が共生する事に最大の価値を認めること。)



    機会論的世界観から生命論的世界観へのパラダイム転換が起こる。

    肉体の精密検査だけでは決して原因がわからない心身症や、個人の精神分析だけでは決して理解できない集団心理の現象などに象徴される問題。この世界は有機的な生命的システムである為、分解しても理解できない。



    複雑系の科学が生命論パラダイムの科学へと進化させる。

    物事が複雑になると、あたらな性質を獲得する。自然、社会、人間を問わず、システムが複雑になると、それを構成する要素が持つ性質の単なる総和ではない、

    「新たな性質」を獲得していく。



    インターネット革命が、組織、市場、社会を「高度な複雑系」へと進化させる。

    例えば、

    ネットコミュニティの自己組織化

    コミュニティにおける新たな知識の創発

    ネットを通じて多くの人々の共鳴行動

    企業の意識と消費者の意識の相互進化

    ポータルサイトにおける商品生態系の形成



    この結果、人々の意識への生命論的世界感の浸透が起こる。

    そしてこの結果、「生命的システムに処する智慧」が求められるようになる。

    例えば、

    コミュニティの自己組織化を促す智慧

    新たな知識の創発を促す智慧

    人々の共鳴を生み出す智慧

    生態系の形成を促す智慧



    地球環境問題解決の為には、生命的システムに処する智慧が求められる。



    人類の古い文明の中に宿る生命論的な思想や智慧が甦り、古い叡智と現代文明の科学技術、組織、制度が融合し、新たな文明が生み出される。



    本来、科学技術と資本主義そのものに問題はなく、その背後にある世界をエゴの願望のままに操りたいという「操作主義」や、世界が自由に操れる機械の如きものであって欲しいという「機械論的世界感」にこそ問題の根源がある。



    教育、コミュニケーション、コミュニティ、医療など、様々な分野において「生命論的な思想と智慧」が生かされる文明がはじまる。

    例えば自然の中に宿る神秘や自然の持つ不思議を感じるセンスオブワンダーを大切にする思想が、ハイビジョンや三次元映像、仮想現実感などの最先端技術を用いた教育システムと結びつく時、そこに新たな「体験型自然教育」のパラダイムが生まれる。



    人間同士の暗黙知を言葉を使わずにイメージを用いてコミュニケーションする思想。以心伝心、不立文字の思想がウェブの写真やCG、動画や映像の共有システムと結びついた時、そこに新たな「イメージコミュニケーション」のパラダイムが生まれる。



    東洋文明と西洋文明の螺旋的発展が起こる。

    東洋文明に宿る生命論的な思想や智慧が甦り、西洋文明が育んだ最先端の科学技術や資本主義と融合していく。例えばエルンスト•シューマッハの仏教経済学。



    人類の前史の時代が終わりを迎える。

    西洋の叡智によって高度に発達した科学技術や資本主義と、東洋の土壌に深く根を下ろした生命論的な思想と智慧が結びついた時、そこに新たな文明が生まれる。この時、人類の前史が終わり、本史が始まる。我々人類は幼年期を終えるのだ。



    12のパラダイム変換まとめ

    1、貨幣の経済に対して善意の経済が影響力を増していく。そして新たな経済原理が生まれてくる。

    2、多くの消費者や生活者が、社会の変革とイノベーションのプロセスに参加するようになる。

    3、政治の分野だけでなく、経済と文化の分野でも直接民主主義が実現する。

    4、言葉を使ったコミュニケーションではなく、言葉を使わないイメージコミュニケーションが広がっていく。

    5、考える事を重視する文化と感じる事を大切にする文化が融合していく。

    6、誰もが自分の中に眠るいくつもの才能を開花できる「ダヴィンチ社会」が到来する。

    7、誰もが自分の中に隠れている複数の人格を表現できる脱ペルソナ社会が実現する。

    8、単一価値のイデオロギーの時代から、様々な価値観の存在を最大価値とするコスモロジーの時代に向かっていく。

    9、排他的な一神教の時代から様々な宗教が共生する新たな多神教の時代が始まる。

    10、機械論的世界観に基づく科学ではなく、生命論的世界観に基づく科学が主流となっていく。

    11、現代文明の科学技術と古い文明の生命論的な智慧の融合が起こる。

    12、東洋文明と西洋文明が互いに学び合い、21世紀の新たな文明が生まれてくる。

  • 結論がまとめられているのですが、実例が汎用。これを読んで未来の予見に当てはめるのは大抵の人には難しいと思う。

    ①世界はあたかも螺旋階段を登るように、発展する。
    ②現在の「動き」は、必ず、将来「反転」する。
    ③「量」が、一定の水準を超えると、「質」が、劇的に変化する。
    ④対立し、競っているもの同士は、互いに、似てくる。
    ⑤「矛盾」とは、世界の発展の原動力である。

    気に入ったのは、ヘーゲルからの引用「存在するものは、合理的である」。なのでこの世に存在するもので無意味なものはない。その意味の大きさが変わり、相対的な重要度が低くなっただけである。だから、加速度的に物事が発展すると、以前あったものが形を変えて帰ってくる。

  • 未来は「予測」はできないが「予見」はできる


    なぜ予測できないか?
    「不連続」「非線形」「加速度的」


    どう「予見」するか?
    大局的な方向を予見すること

    すなわち、「世の中はこの方向に向かう」など未来に向かってな大きな流れを理解する


    大局観を身につけるには
    「古い哲学」(弁証法)を学ぶこと。
    それにより、世界の変化、発展、進化の法則を教えくれる。

    弁証法が教える五つの法則とは?

    ・螺旋的プロセスによる発展の法則
    ・否定の否定による発展の法則
    ・量から質への転化による発展の法則
    ・対立物の相互浸透による発展の法則
    ・矛盾の止揚による発展の法則

  • ・未来に向かっての「大きな流れ」は予見できる。

    ・「弁証法」の哲学は、世界発展の「5つの法則」を教えてくれる

    ・弁証法とは「正」テーゼ、「反」アンチテーゼ「合」ジンテーゼ
     というプロセスで、思考を深めていく技法。

    ・5つの法則

     1)世界はあたかも螺旋階段を登るように発展する
     2)現在の「動き」は、将来必ず「反転」する
     3)「量」が一定の水準を超えると「質」が劇的に変化する
     4)対立し、競っているもの同士は、互いに似てくる
     5)「矛盾」とは、世界の発展の原動力である。

    ・便利になった懐かしいもの。
     ネットにより、古く懐かしい「ボランタリー経済」が復活。

    ・進化の本質は「多様化」

    ・「矛盾」を深く見つめることが大切。
     「割り切り」とは、魂の弱さ。

    ・自己の中に「多様な価値観」が共存することを認めること。

  • 20150411 読書 未来を予見する5つの法則

    2015年4月11日土曜日
    12:15

    新しい世界を予見するための考え方の本。

    複数ある法則の中で、1)量から質への転化と、2)矛盾の止揚が響いた。

    1)シェアがあるレベルを超えると、多くの顧客が、加速度的にその製品を買うようになり、その製品の企画が事実上の標準となり、市場を独占していく。

    1)
    コストが劇的に下がると、ビジネスモデルが進化する
    あえて商品の無料配布等を行って、ユーザー数を一挙に増やすという戦略もまた、主戦場の移行を早める為の戦略であり、量から質への転化を加速するうち手に他ならない。
    主戦場がどこにうつっていくかを読む事は時代が早く移り変わる今日は非常に重要だ。ましてやそれを先読みし、一手を打つ事ができれば有利なポジションにたつ事ができる。

    トイレは必ず毎日10分くらい行く→記憶定着には最も良い環境。
    高価格バージョンと低価格バージョン、これは広告に酔って差を付ければ良いのではないか?
    広告主は顧客のセグメントを指定できる。一台1000THBとか。みんな見てもらう為に大金をWISEなどに払っているんだから。


    2)
    人物の器とは、壮大な矛盾を抱える事のできる魂の力に他ならない。
    割り切りとは、魂の弱さである。
    社会に存在する様々な矛盾を前に、その矛盾と整体師、それを心の中に深く把持し、割り切る事無く、その矛盾のしよくの道を求めて、格闘し続けること。それには魂の強さと呼ぶべき力量が求められる。


    利益追求と社会貢献、どっちが大事だ?と言われたときに、意見の
    対立(矛盾)を割り切る(=思考を放棄する)のではなく、いいと
    ころをとりあってよりよい答を見つけていくことが大事。


    ●弁証法の法則

    「螺旋的プロセス」による発展の法則
    懐かしいもの、一見なくなったように見える物の復活
    Ex)商店街、ボーイスカウト
    「否定の否定」による発展の法則

    「量から質への転化」による発展の法則
    量が臨界点を超えると一気に開かれる
    Ex)シェア、勉強

    「対立物の相互浸透」による発展の法則

    「矛盾の止揚」による発展の法則
    矛盾を抱えつつなんとか頑張る大人
    Ex)経営者

    で、この弁証法思考というやつを使って未来を「予見」すると、
    次のようなパラダイムシフトがあると思われる、と
    書いております。

    ●これから出てくる新しいパラダイム

    貨幣の経済 → 「善意の経済」

    コンシューマ(享受型) → 「プロシューマ」(参加型)

    政治だけでなく文化も → 「直接民主主義」

    言葉のコニュミケーション→ 「イメージ・コミュニケーション」
    Ex)instagram
    考える文化 → 「感じる文化」

    単一才能社会 → 「多重才能社会(ダ・ヴィンチ社会)」

    単一人格社会 → 「多重人格社会(脱ペルソナ社会)」

    単一価値「イデオロギー」→ 「コスモロジー」

    一神教 → 「多神教」

    機械論的世界観 → 「生命論的世界観に基づく科学」

    現代文明の「科学技術」と古い文明の「生命論的な智恵」の融合

    東洋文明と西洋文明 → 融合して「新たな文明」
    Ex)カンビシ

    大局的な物の見方はは、現代のように移り変わりが激しい時代にこそ必要であるとの主張、なるほどと思った。
    ポエムチックに広々としたページにかなりの行間を取ってある本なので、ぱらぱらめくるだけで短時間で読める。時間とともに響く部分が変わりそうなので、何度も読み返したい。

  • ★『使える弁証法』とほぼ同内容。ただ、同時に英語版が出版されるとあって、日本だけでなく地球規模の螺旋的発展が述べられている。

  • おっ

  • 25.8.13未来予見の方法。
    どう活用するか検討中

  • 著者の思う「本質」のみが書かれている。楽しい読み物、ではなく思索を促す本。この人の本はだいたいこういう感じ。

  • 誰でも未来を知りたいと思いながら、現実には不可能です。
    未来を予測ではなく予見するための法則について、語っています。
    これまでの歴史の潮流を踏まえ、これから起こるべき未来を予見するこの著書は、期待と不安が入り混じる内容となっています。
    以前、著者の田坂広志さんの『これから何が起こるのか』を読んだときも感じましたが、よくこれだけの流れに沿った内容で書けるものだと驚きを感じます。

    歴史は繰り返しつつも発展するものであるし、その変化の萌芽が足元にあるということを改めて考えさせられた良書です。


    未来を予測できない理由:「不連続」「非線形」「加速度」
    具体的な変化を予測することはできないが、対極的な方向を予見することはできる
    世界発展の法則=弁証法を学ぶことで可能となる

    弁証法の「5つの法則」
    第一の法則-「螺旋的プロセス」による発展の法則
     世界は、あたかも、
     螺旋階段を登るように、発展する。
    第二の法則-「否定の否定」による発展の法則
     現在の「動き」は、
     必ず、将来、「反転」する。
    第三の法則-「量から質への変化」による発展の法則
     「量」が、一定の水準を超えると、
     「質」が、劇的に変化する。
    第四の法則-「対立物の相互浸透」による発展の法則
     対立し、競っているもの同士は、
     互いに、似てくる。
    第五の法則-「矛盾の止揚」による発展の法則
     「矛盾」とは、世界の発展の原動力である。

    「矛盾のマネジメント」(例:「市場原理」と「政府規制」のバランス)が、行政や政治に求められる

    これから起こる「12のパラダイム転換」
    ①「貨幣の経済」に対して、「善意の経済」が影響力を増していく。そして、新たな経済原理が生まれてくる。
    ②多くの消費者や生活者が、社会の変革とイノベーションのプロセスに参加するようになる。
    ③「政治」の分野だけでなく、「経済」と「文化」の分野でも、直接民主主義が実現する。
    ④言葉を使ったコミュニケーションではなく、言葉を使わないイメージ・コミュニケーションが広がっていく。
    ⑤「考える」ことを重視する文化と、「感じる」ことを大切にする文化が融合していく。
    ⑥誰もが、自分の中に眠るいくつもの才能を開花できる「ダ・ヴィンチ社会」が到来する。
    ⑦誰もが、自分の中に隠れている「複数の人格」を表現できる「脱ペルソナ社会」が実現する。
    ⑧単一価値の「イデオロギー」の時代から様々な価値観を受容する「コスモロジー」の時代に向かっていく。
    ⑨排他的な「一神教」の時代から様々な宗教が共生する「新たな多神教」の時代が始まる。
    ⑩「機械論的世界観」に基づく科学ではなく、「生命論的世界観」に基づく科学が主流となっていく。
    ⑪現代文明の「科学技術」と古い文明の「生命論的な智恵」の融合が起こる。
    ⑫東洋文明と西洋文明が互いに学び合い、21世紀の「新たな文明」が生まれてくる。

    <この本から得られた気づきとアクション>
    ・矛盾のマネジメントに挑むことが役割である
    ・歴史を学習し、今後の変化を予見する
    ・ある一定の流れが起きると、次はその逆に振れる。土井さんの「振り子の原則」の話といい、システムズアプローチでも同じことを言っている。要はバランス感覚だ

    <目次>
    序話 未来を予見する鍵は、「弁証法的思考」にある。―弁証法の「五つの法則」
    第1話 世界は、あたかも、螺旋階段を登るように、発展する。―第一の法則「螺旋的プロセス」による発展の法則
    第2話 現在の「動き」は、必ず、将来、「反転」する。―第二の法則「否定の否定」による発展の法則
    第3話 「量」が、一定の水準を超えると、「質」が、劇的に変化する。―第三の法則「量から質への転化」による発展の法則
    第4話 対立し、競っているもの同士は、互いに、似てくる。―第四の法則「対立物の相互浸透」による発展の法則
    第5話 「矛盾」とは、世界の発展の原動力である。―第五の法則「矛盾の止揚」による発展の法則
    第6話 弁証法的思考で予見する未来―これから起こる「十二のパラダイム転換」

全44件中 1 - 10件を表示

プロフィール

多摩大学大学院教授

「2018年 『深く考える力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

未来を予見する「5つの法則」のその他の作品

田坂広志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
神田 昌典
チップ・ハース
田坂 広志(たさ...
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
フィリップ・マグ...
有効な右矢印 無効な右矢印

未来を予見する「5つの法則」を本棚に登録しているひと

ツイートする