「仕組み」節約術

  • 171人登録
  • 2.82評価
    • (2)
    • (8)
    • (31)
    • (15)
    • (4)
  • 30レビュー
著者 : 泉正人
  • 光文社 (2009年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334975838

「仕組み」節約術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「時間=お金」の考え方はそうかと気づかされた。
    あとせかせかしちゃだめだね。
    ちょっとのお金の違いだったら、満足度高い行動の方が幸せ。

  • 節約の基本が学べる一冊。目新しい情報というより、知っているけど、そんなに日頃意識しないことを再認識させられる内容。仕組みづくりは面倒なので放置しがちだけど、面倒臭がらずに最初に時間と労力を割くことが必要だなと再認識。
    実践もしやすそう。

  • 先取り貯金
    見栄で買っていないか?
    収入が上がったら、20%支出を増やしてok(3万円なら6千円)
    固定費を下げる。家賃は手取りの2割
    保険には、傷病手当金が受けられる
    資格取得に費やしたお金の2倍回収する
    時給2000の人が、1日1時間、10万の教材を使い月に20日の6か月勉強
    2000*1h*20日*6か月=24万円
    24万+10万=34万

    不要なものリストをつくる
    使わないものは売るか寄付
    欲しいものはメモ、1週間後に確認
    ネットで最安値を調べる
    お金と時間は=である
    自分の時給で考える

  • どのような 仕組みを作ることで、
    節約できるか ということであるが
    ふーむ。
    それが 『仕組み』 というものだろうか?
    観点を変える という感じなんですね。

    たしかに 固定費に 目を付ける
    というのは、あたりまえに 重要なことだ。
    おおきなことを 節約しないで
    ちいさなことを 節約するのは、
    枝葉末節 ということだ。

    そう言う点で その指摘をしたのは
    斬新である。
    また 住居の位置によって、
    生活スタイルが かわるというのは、
    わかりやすい。

    時間と 金については、関連性があるね。

    節約するにも 目的を鮮明にする。
    そして、目標をはっきりさせる。

  • とても具体的で、主婦雑誌の節約術よりすごく勉強になった。マネー本で買いたくなったのはこれが初めて。教科書として手元に置いておきたいほど。

    大まかにいうと食費などの変動費より、家賃などの固定費からてこ入れせよ!というもの。

    確かに始めの手間さえ惜しまずやれば、あとは我慢、努力など必要ない。また毎日スーパーで値段とにらめっこして得る金額の、何倍も効果がある。

    ★居住エリアは身の丈より下に!
    ★家電は耐久年数の半分期間で費用を回収!
    ★資格をとる労力とお金は、資格取得でどれほど回収できるか計算せよ!

    どれも自分になかった発想だった。
    具体的な計算式も載ってたが、そういう捉え方から身につけたいと思った。買おうかな…。

  • まず、固定費を削減する仕組みを作り、節約生活の土台を構築。次に、ダラダラの出費を大幅カットし、時間の無駄を減らせば、豊かになれる。
    どうしても、1円、10円、100円という目の前の小銭にばかり、人は、節約意識を持ちやすいものですから、著者の考え方は、大筋で誰もが納得しやすいはず。(特殊なテクニック論ではない)
    最終的には、お金に働いてもらう「仕組み」を作らなければ、次のステージには進めないという点が、最大のポイントだと思いました。

  • またまた泉さんの本。
    初めて読む本に最適です。考え方の本なので、情報が古くならない所が良い。ある程度仕組みが出来ている方も時々読み返すといいですね。

  • 節約術の本です。
    メインターゲットは働いている男性向けという感じですが、そうでなくても楽しめました。
    割と読みやすい文体で、どこからぱらぱらと読んでもいい感じの作りです。

    読んでみて、お金の節約+時間の節約も大切という視点がよいですね。
    細かな節約にこだわって疲れるのは、時間も浪費してお勧めでない、
    欲しい物はメモして1週間寝かせてから再検討する、
    固定費の節約は効果大、
    身の丈にあった暮らしか、もう少しランクちょい下げの生活で節約する、など、

    節約するポイントを再確認できるので、手元において、時々ぱらぱらと読み返したい感じの1冊でした。

  • 20140615終了。節約の基本を身につけるためには、良い本。

  • 同意
    変動費より固定費の方が節約効果が高い
    自分の時給を把握する
    ベースアップ時

全30件中 1 - 10件を表示

泉正人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ブライアン・トレ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「仕組み」節約術を本棚に登録しているひと

ツイートする