頭の体操 BEST

著者 :
  • 光文社
3.75
  • (11)
  • (26)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 302
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334975852

作品紹介・あらすじ

1966年の発表以来、シリーズ累計1200万部のベストセラーとなった『頭の体操』。その全23集・総数約2000問のなかから、究極の100問をセレクト。さまざまなタイプの問題を解くたびに、思考力がつき、創造性が生まれる。日本人の脳を刺激し続けてきた名著が、新たな1冊になって登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 脳トレの元祖的な存在の「頭の体操」。シリーズ累計1200万部のベストセラーとなっているその全23集から厳選された100問が1冊にまとまっています。制限時間10秒で回答する問題も多くあるので,気軽に好きな問題からチャレンジできます!

  • いい頭の運動になる

  • 頭の体操シリーズの傑作選。

    ふとしたタイミングでこの本の存在を見つけて懐かしさのあまり購入。頭の体操シリーズは10冊以上は持っていたし、繰り返し読んでいたので覚えている問題も多かったけど、すっかり忘れている問題や知らない問題に対しては殆ど回答できず「ああ、頭が固くなっているな」と思わされた1冊でした。

    久しぶりに「頭の体操」の世界に入れて嬉しかったですね。

  • パズル自体は非常にユニークでアイデアに富んでいたのだが、解説に辟易…
    一問題ごとに、「知識は豊富なほどいいが、同時に推理の邪魔になることも多い」という調子で、説教されるので純粋に楽しめない。

  • <目次>
    まえがき
    1章 「立体思考」で発想の基礎力を作る
    2章 「飛躍思考」で不可能を可能にする
    3章 「論理思考」で謎の裏側を攻略する
    4章 「具体思考」で頭脳の活性化を図る
    5章 「短縮思考」で意外な解決法を探る
    6勝 「変換思考」で固定観念を打ち破る


    2017.11.06 ひらめきとかそういう類の検索から。
    2017.11.12 読書開始
    2017.11.13 読了

  • 2割の正答率とは。。。

  • 結構面白い

  • レビュー省略

  • 時間が経ったらまた解き直したい。

  • 8割がた忘れているだろうと思ったが、逆に8割がた憶えていた。そういう意味では、人生に多大な影響を与えるシリーズと言える。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理学者。東京大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業、同大学院修了。東京未来大学学長を経て東京未来大学名誉学長。千葉大学名誉教授。東京都「心の東京革命」推進協議会会長。大ベストセラー「頭の体操」シリーズの著者。フジテレビ「IQエンジン」や日本テレビ「マジカル頭脳パワー」、ニンテンドーDSソフト「レイトン教授と不思議な町」等で出題監修にも携わった。2006年、瑞宝中綬章受勲

「2020年 『お金の心理術 上手にお金とつきあう81のテクニック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

多湖輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
夏川 草介
有効な右矢印 無効な右矢印

頭の体操 BESTを本棚に登録しているひと

ツイートする
×