ニトロちゃん

著者 :
  • 光文社
3.83
  • (11)
  • (12)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 83
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334976071

作品紹介・あらすじ

あなたのクラスのにもいたかもしれない、ちょっと変わった女の子の話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 病気について理解しているとはいえない私ですが、とても考えさせられる内容。自分の昔を振り返って、似ていると感じる部分も多いと感じる場面も多かった。

  • 発達障害について、マンガを通して知ることができました。
    物事がどのように見えているのか、物事をどのように捉えているのかを知るには非常に良い一冊でした。
    これは障害を抱えた子のほんの一例であるけれど、周囲の理解が不充分な様子、医療という観点からの早期介入の必要性などを再度気付かせてくれました。

  • 沖田さんと華さんのコラボなのかとおもったら。「おきたばっか」さんでした。アスペルガー障害当事者の子どもの頃の想い出。性的虐待を含むひどい虐待を行った教師と、気にかけて優しくしてくれた先生。生き延びられて本当に良かったですね。

  • クラスにひとりか二人は必ずこういう子がいたよな…。
    (今はもっと増えてるみたいだけど…。)
    先生や周りからの叱責もやはり現代に近くなるほど陰湿でエグイ感じだな…。
    障害を抱える当の本人がどう感じ、どう思っていたか(いるか)を表現できるようになるというのは重要ね。
    どれだけ想像を巡らせて、動きを見てても推察のしようがないことも多いと思うので、やはり当人に語ってもらうしかわからないものね。
    周りにできることはそれを表現できるよう根気よく教え、待つしかない…。(先生だけでなく、親も兄弟も友人もご近所さんも赤の他人も。)
    人間を育てるというところに「効率」を持ち込んじゃ歪むだけだものねぇ…。
    「障害は福の神だから大事にしろ」という教えがある。
    万事うまく回り、深い見識とも出会える教えだと思う。

  • いい先生にあたる、あたらないっていうのは運なんだ。毎週遺書を書く日々ってどんだけつらいのか。

  • 副題「みんなと違う発達障害の私」
    読んでいくと、けっこうしんどい。
    でもやっぱり「知らなかった」ですましちゃいけないだろう、って
    感じる本。
    知らないことのなかには、知らなくていいこともたくさんあるけど
    一回この漫画を読んだおかげでこの先の人生、
    もしかしたら、誰かを無用に傷つけることが少しだけ回避できるかもしれない。

  • AS、AD/HD、LDの発達障害を持った作者の幼少時から中学卒業までの実話を元にしたエッセイコミック。
    先生はクラスの絶対君主でどんな理不尽な暴力を受けてもそれがそのクラスのルール。
    そんな時代が確かにあった。
    家だけが普通の子で居られる場所だから外で受けた苦痛を言わない。凄く解って痛々しかった。
    ニトロちゃんがまとも先生に出会えて本当に良かった。
    始終重い話でしたが気持ちの良い終わり方でした。

  • 発達障害。
    わかりやすく重く明るい。

  • 最近は障害者本人が自身のことについて書くという事が増えたみたいで、やっぱり周りの健常者が書けないことを本人達は書けるんだろうし、そうしたものは説得力が違うなあとも思うのです。

    沖田×華の作風はギャグだから始終笑えるし(ただし本書は重い内容)、マイナスイメージの障害が、面白いものに変わっていく。

  • アスペルガーのことを少し知っているので、最初は、「あ~そうだよね」「あるある~」と読んでいましたが、徐々に、辛くなってまいりました。

    今は、そこまで暴力を振るうような大人は学校には居ないと思いますが
    (いないと信じたい)やっぱり、「じゃぁ、どうしたらいいの?」と思われる大人はたくさんだし、アスペルガーの彼らが生きにくいことは変わらないだろうし、ちょっとした誤解から、それこそ友達同士の関係が激しく崩れていることは容易に想像できました。


    最後に良い先生に出会えてよかった、と心から思いました。

    ニトロちゃん、よく生きた。
    で、良い仕事に巡り合ったね。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

沖田 ×華(おきた ばっか)
1979年、富山県生まれの漫画家、女性。富山県立新川女子高校卒業後、。ペンネームは「起きたばっかり」に由来。
小学校の時に学習障害、注意欠陥多動性障害、そして中学生の頃にアスペルガー症候群と診断される。そのためか同級生からいじめ、教師からの体罰が続く学生時代を送った(自身の障害については、成人後SNSを通じて認めることができた)。高校卒業後に看護師の資格を取り職についたが、自殺未遂を起こす。看護師を辞め、ソープランド以外の様々な風俗店で働いた。
風俗店の待機室にあった実話誌をきっかけに漫画家・桜井トシフミに心酔、ファンレターを送って交流が始まり、絵が個性的だと褒められたことをきっかけに『漫画アクション』新人賞に応募、選外奨励賞を獲得。26歳で漫画家デビュー。
2018年、『透明なゆりかご』で第42回講談社漫画賞少女部門を受賞。同年、テレビドラマ化した。その他代表作に、『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で』『ニトロちゃん みんなと違う、発達障害の私』など。

ニトロちゃんのその他の作品

沖田×華の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
井上 純一
桐野 夏生
有川 浩
村上 春樹
村田 沙耶香
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする