[図解]フリーのからくり (Kobunsha Paperbacks Business)

制作 : キーワード101 
  • 光文社
2.60
  • (1)
  • (2)
  • (10)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 97
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334976163

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 普段気にせずに使っているものでフリーであるものがまとまっている。
    なぜフリーなのか、基本その裏側には理由がある。まんまとはまっている…ことも多い。

  • 値段じゃなくて原価をみる。30分皿洗い→400円。定食800円。原価210円。

  • 儲けのしくみとして、参考になった。
    速読可能。

  • 無料にはワケがある。裏を知るとちょっと安易に飛びつけなくなります。

  • 得する“無料”と損する“無料”を見きわめろ。日本を席巻する“無料”ビジネスのカラクリを見れば、既存のビジネスの本質と限界が見えてくる。苦境の今こそ、その先にある新しいビジネスの萌芽を見出そう。

  • 世の中のさまざまな「フリー」「無料」のからくりを、解説している。

    食事代を30分の皿洗いでタダにする中華屋、0円パソコンに2年縛りの携帯電話など、予想以上にタダのものが多い。

    まず見込み客を集客するところからビジネスが始まると考えたら、タダで釣ること、それが話題になってマスコミに取り上げられたら、宣伝広告費0で大きな効果になる。

  • Twitterは本当に儲かっているのだろうか?
    SNSも本当に儲かっているのだろうか?SNSはゲームアプリ提供会社になっている。
    Youtubeも本当に儲かっているのだろうか。
    無料で提供してくれるのはユーザとしてはありがたい。これからも様々なものが無料で提供してもらいたい。お得感だけでユーザはよいのだ。

  • 世にあふれる無料の仕組みを図解で教えてくれる本。
    無料にすることによる狙いも書いてあります。

  • 色んな物やサービスがフリー(無料)になっているというカラクリをわかりやすく平易に解説している本。
    なので入門書としては優秀。
    でもちょっとネットをかじっている人だと知らないことの方が少ないって内容になってしまう。

全13件中 1 - 10件を表示

[図解]フリーのからくり (Kobunsha Paperbacks Business)を本棚に登録しているひと

ツイートする