孫正義が語らない ソフトバンクの深層

著者 :
  • 光文社
3.70
  • (13)
  • (20)
  • (18)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :148
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334976354

作品紹介・あらすじ

ボーダフォン買収、ホワイトプラン誕生、営業軍団の組織化、光通信の正体、iPhone、iPad独占契約の謎…長時間インタビューでソフトバンク幹部が初めて明かした「携帯戦争」の裏側。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分で考えを持ったら、それが熱のように頭いっぱいになって、絶対これだと言うが、理屈で考えて違うとなったら、180度意見を変える

  • 暴露話を期待したが、単なる創業期の四方山話集。

  • 孫さんとそれを支える幹部の方たちの実際の様子を知ることができます。常に真剣勝負の世界は学ぶべき点が多いです。

  • 孫正義が優秀なんじゃなく、周りの人間が優秀。ソフトバンクは、強力なリーダーシップじゃなく、フォロワーシップで成り立ってたようだ。

  • 綿密に取材できていると思う。変に着色せず、実際どうだったかということをついて描写できていると思う。とても勉強になった。

  • ソフトバンクの営業力について書かれた本だが、孫氏をひたすら礼賛するようなよいしょ本ではない。
    カリスマの下でどのように組織化し、行動するのか、ということの一端が見えて有意義。

  • ソフトバンクの飛躍の陰の立役者である、孫社長以外の幹部の活躍が描かれている。孫社長もすごいのだが、それに負けず劣らず、幹部の方々がすごい方ばかりなのに驚いた。あれだけの成長を続けるためには、これだけの人材があってしかるべきなのは当然なのだが、これだけの人材を集めて、任せて、結果を出させるのは、孫社長だからこそ、できたのだと思うと、あらためてすごさを見せられたという他ない。今後の活躍にも期待したい。

  • 孫さんだけじゃないソフトバンクの強さ。
    しかし、結局強い人材を集めたのは孫さんの強さ??

  • 孫さん以外のソフトバンクの話。
    通常知りえない内容なので貴重かと。

  • これを読むとソフトバンクは未だにベンチャー企業であると強く感じることができる。基本トップダウンで動くから動きが早い。

    書いてある内容に疑問がつく点も多いが、読んでいて面白かった。

    気になるのは孫さんがいなくなった後のソフトバンク。
    もちろん企業はしばらく継続されるのであろうが、この勢いが続くかを言えば疑問なところ。そういった意味ではAppleと通じるものがあるのかな。

全20件中 1 - 10件を表示

孫正義が語らない ソフトバンクの深層のその他の作品

菊池雅志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
池井戸 潤
佐々木 圭一
堀江 貴文
村上 春樹
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

孫正義が語らない ソフトバンクの深層を本棚に登録しているひと

ツイートする