脱税秘録 カリスマ税務調査官、36年間の「現場摘発白書」

著者 :
  • 光文社
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334976422

作品紹介・あらすじ

脱税者の手口、動機、心理分析と対峙する調査官の思考、攻略テクニックを集大成した労作。自営業者、資産家、税務職員、税理士、必読。サラリーマンには"確定申告者たちの闇の世界"を知る好機。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まさに現場のスペシャリストといった雰囲気の著者。
    様々な脱税の手段と調査のプロセスが紹介されている。

  • 税務調査官の退職記念出版。一件2-5ページのエピソードをまとめたもの。あまり文章はうまくなく、読みにくいのは確かだがリアリティがある。・地上げの際、契約外で金銭を要求し、税務署には内緒で、、、といったケースがけっこうあったそうだが、買い手としてはそういう金銭も経費として計上したいので、こっそり本物の契約書を残しており、そこからバレることが多い。・現金は痕跡をのこさないので、やはり一番追跡が難しい。あちこちに隠しているのを見つけ出すのも税務調査の醍醐味なんだとか。

  • いい人で いい話しだが 読みづらい

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする