死ぬ気まんまん

著者 :
  • 光文社
3.89
  • (38)
  • (65)
  • (37)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 382
レビュー : 78
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334976484

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読者を意識してないような、言いたいことをどんどん書いていったようなエッセイです。
    ある程度年をとらないとわからない話が多いけれど、わかりすぎても辛そうです。

  • タイトルに惹かれて手に取りました。

    それは、今年亡くなった知人が口にしていた言葉でした。

    明るく、まっすぐ、軽やかに。

    このように死を迎えられたら。
    と、そんなふうに思いました。

  • 死が身近であり恐れていない著者にとっては、癌に罹患したこと転移したことよりも、神経症(と書いていたと思う)を患い周囲からは理解されずに苦しんだことの方がずっと辛かったという。神経症に悩まされていた頃入院したという病院での出来事、また自らにガンマナイフ治療をした医師との対談も興味深い。

  • 死ぬ気まんまんで生きた佐野さんは、人間らしいと言うか動物らしいと言うか…。こんな潔い生き方が出来たのは、自分自身を深く理解していたからだろうと思った。金と命を惜しまない生き方も、ホスピスで泣く看護婦さんの話も良かった。

  • 「死ぬ気まんまん」は、今まで読んだどの本より文章が散漫になっている気がして、やっぱり病気で体力が落ちているのかな、しんどいのかな、と読みながら切ない気持ちになった。
    「死ぬ気まんまん」の10年ほど前に書かれた「知らなかった」のほうは、鋭く、辛辣で、たくましくて、好き。

  • 医療や社会が発達しすぎて、死ぬ機会を失った人が増えすぎてるように思う。生きることは素晴らしいけど、死なないことは辛いことだと考える。
    癌で余命宣告を受け、「死ぬ気まんまん」で生きる。「死ぬまで、どういうつもりで生きて行けばいいのか分からない」と言う。ホスピスで不意に「この世は美しい」とか「夕陽が毎日毎日ぞっとするほど美しく感じられる」心境。

  • 体調の悪い時にこういう本を読むべきではない。
    とても重く苦しい内容だ。

    あの優しい絵本を描いた人の人生が
    こんなに暗く複雑なものだなんて
    人は見かけではわからないものだということ。

    最後まで気丈な人だったんだなあ。
    息子さんがいてまだよかったね。
    一人だったらどんなにさみしい最後を迎えられただろうと思う。

  • 再発がわかり、ジャガーを買っちゃう佐野さんはステキ。お医者さんに「乳がんは、そう簡単には逝きません」と言われるところはショックを受けた。そうなのか‥。
    ホスピスの話がとてもいい。

  • 知らなかったー黄金の谷のホスピスで考えたこと、がよかった。

  • 佐野さんの元気が伝染します
    骨に癌が転移して、余命2年と言われ
    その気になって、お金を使い、廻りの人間にも言って
    準備していたけど、2年たっても大丈夫だった佐野さん
    自分の姿も、他人の姿も、冷静に分析する語り口が巧妙
     この間、鏡で顔を見て、「あんた、その顔でずっと生きてきたんだね。
    健気だったね。偉かったね」と言ってたら涙が出てきた。自分の健気さに。
     今のジュリーも好きである。なりふりかまわず食いまくっているように
    デブになった。デブになっても平然としているところが、人間が大きい。
     そして、死んでも許せない人など誰もいない。
     そして世界はだんだん淋しくなる。
    エッセイは佐野節でまんまんだ

著者プロフィール

1938年、北京生まれ。絵本作家、エッセイスト。おもな著作に、絵本『100万回生きたねこ』『わたしのぼうし』、童話『わたしが妹だったとき』、エッセイ『神も仏もありませぬ』など。2010年没。

「2019年 『はればれ、お寿司 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

死ぬ気まんまんのその他の作品

佐野洋子の作品

ツイートする