スタイリスト大草直子 マタニティのためのオシャレ。 (VERY BOOKS)

著者 :
  • 光文社
3.29
  • (0)
  • (8)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334976521

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わたしにはオシャレすぎる

  • この人のファッション提案は、元気な人向けだわ、と思いつつ、産んだ後を見据えていて地に足がついててたのしい。
    妊娠中はかっちりしたバッグの方が似合う、とかはそうかもな、と素直に思った。

  • スタイリストさんが実際に自分の妊娠中のファッションを基に書かれた本。

    ちょうどお腹がおっきくなってきて、服に困る…でもマタニティウエアは、かわいいのがないし…と思っていた時に出会ってよかった!

    パンツ派なので、前を閉めずに服や腹巻きで隠して無理矢理きていた私ですが、
    人気スタイリストさんもそうしているのを見て自信を貰った!

    丸っこくなってくる体には四角いバッグがあうとか、スタイリストさんならではのアドバイスもなるほど、という感じ。

    あと、光沢のないレギンスをお腹のふくらみの下で履くというのもやってみようと思った。

  • リブタンク
    カシミアニット

    カフタン+レギンス2色(コットン混テカリなし、黒、ネイビーがかったグレー、カーキがかったブラウン、リブタイプ)
    ボーイフレンドデニム
    ショート丈ブルゾンかカーディガン

    マキシワンピース


    授乳期
    カシュクールワンピース

    髪はまとめて
    目立つピアス(色石ピアス、深めクォーツ系、ブラウンやベージュ、ダークグリーン、透明透けて見える、シャーベットパステルカラー、)

    リブタンク+ジャージー素材のロングスカート+チェックシャツ

    デュペティカダウンベスト

    UNIQLOブラキャミソール

    ジェラートピケラウンジウェア

    vネック

    保湿

    無印良品素のまま野菜チップス

    トコちゃんベルト

  • 思ってたより写真は少なく文章メイン。
    そうだな、あまり買い足さずに行きたいけどな。
    バリバリのおしゃれしてるママも、トレーナーにスニーカーのママも、どっちも嫌だな…
    ちょうどいいところ、が難しいのだ。

  • 既にオシャレな人が、どうオシャレなままマタニティを過ごすか
    という感じで、私には難しいとかこだわりすぎとか感じることも多かったけど
    ダイアンのワンピースって着てみたいかも♪(まだ早いかな?30代のイメージ。)
    保湿ちゃんとしましょ
    ロングシャツ、ロングカーディガン、カフタンはほしい
    デニムも前を止めずに、細いベルトをしてロングのトップスを着れば今までのものを着れる、という考えはなかった!!!ボタンが止められなくなったらもう履けないと思ってました、、、ロングのトップスを手に入れて、やってみよう♪

  • これはイイな!

  • 明日から臨月という私が読んで
    果たして楽しめるのか?
    とも思ったけれど思わずてにとってしまった。

    お腹が大きくなる前に買っていたら参考にできたのに
    というアイディア多数。
    でももう2人目なので、有る程度自分のスタイルも確立されてしまって、微妙??

    買い物欲が湧く。

  • 長女がおなかにいたときに読みたかったよ~。まだ出版されてなかったか…二女を妊娠中はちょっと参考にしたかな。あ、これ持ってる、これ使ってる、なんて、同じの持ってるとちょっと嬉しくなったり。いかにもなマタニティ服じゃなくてもいいんだよね~。締め付けで気持悪くならなければ(笑)。

  • 「マタニティ専用の服を買わなくてもいいんだ、お洒落を楽しまなきゃ!」という気持ちにさせてくれる本。紹介されている服の大部分は、正直、お金にかなり余裕のある人しか買えない質の良い品ばかりだけど、読んでいると気分が上がってきます。オシャレ妊婦さんは必読です!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大草直子(おおくさ なおこ)

1972 年生まれ。東京都出身。大学卒業後、婦人画報社(現・ハースト婦人画報社)へ入社。雑誌『ヴァンテーヌ』の編集に携わった後、独立。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2015年より、WEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長を経て、現在はコンセプトディレクターを務める。新媒体「AMARC」を主宰。プライベートではベネズエラ人の夫と3人の子どもを持つ。
著書に『理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き』『大草直子のSTYLING&IDEA 10年後も使える「おしゃれの結論」』 (ともに講談社)、『大草直子のStyling Book』 (ワニブックス)、『「おしゃれな人」はおしゃれになろうとする人』(幻冬舎)ほか多数。

「2019年 『大草直子のNEW BASIC STYLE』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大草直子の作品

ツイートする