人生の大問題を図解する!

著者 :
  • 光文社
3.50
  • (3)
  • (10)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 133
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334976699

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本の著者の永田氏が定義する人生の大問題(お金、英語、仕事、家族、思考力)について、大事なポイントを図解してある本です。

    一つの項目について1章ずつ割いていますが、章末にその内容を1枚の図でまとめた図解が付いています。この図解は、プレゼン資料をまとめるときに参考になりました。またこの本は、必要な図解をiPhoneで取り込めるようにも工夫してありました。

    以下は気になったポイントです。

    ・私たちの労働資産の価値を計算する、年収500万円として利回り:3%とすると1.6億円(=500/3%)となる、この資産は「生活費」という運転コストが必要(p46)

    ・投資家として生き抜くのであれば、ジム・ロジャースがしたように自分の足で歩いて情報を探し、自分自身の判断基準に従って投資を行うべき(p55)

    ・通貨は先が読めないので、分散されたポートフォリオが安全と言える(p59)

    ・英語をツールとするために英語ではなくグロービッシュとする、それは英語が母国語ではない人々が仕事や生活のために使いこなしている言語(p79)

    ・地球上で、英語を公用語とする人は14億人(80か国)と英語学習者は20億人いるので、世界人口69億人の半分程度は英語を話す、インターネットの7-8割は英語(p85)

    ・英語教材としてお奨めは、「Buiness English Podcast」と「TED」(p107)

    ・これからの媒体は、広告費を払う客に対して費用対効果を明確にする必要がある(p135)

    ・世界の賃金水準は、ソウルや香港、台湾が東京の50%、上海が20%、バンコクが16%、インドは10%以下(p136)

    ・仕事で価値が高いのは、1)少数しか持っていない、2)投資金額に対してメリット大きい、3)顧客から特別の信頼を得ている(p141)

    ・新たな価値を生み出す7つのイノベーション、1)ノウハウ、2)自分の商品、3)他人に依存しない、4)シンプル、5)ニッチでブルーオーシャン、6)知財権利獲得、7)小さな失敗を許容する投資(p147)

    ・個別のノウハウよりも、組織運営のノウハウ、マネジメントのほうがビジネスでは重要(p148)

    ・企業に限らす、目標をはずさない人は必ず「プランB」つまり、当初のプランがうまくいかない場合のリカバリプランを持っている(p158)

    ・プランBは保険ではない、有事の選択肢である、あらかじめ準備をしておく(p159)

    ・国民年金が創設された1960年には平均寿命が67.7歳、現在は83歳、年金が制度化されてから16年も伸びている(p175)

    ・ダイシン百貨店が特に高齢者にうけるのは、お客さんのリクエストに広く応える品揃え、つまりロングテール理論をリアル店舗で行っている稀有な例のため(p182)

    ・マイビジネスの立ち上げに必要なのは、会社設立、当座の「運転資金」、ビジネス運営のための「経験と知識」、行き当たりばったりにならない「事業計画」、そして「人脈」(p192)

    ・一生現役主義を貫く方法として、毎日の2キロ歩行、若い人と一緒がある(p196)

    ・自分なりにリセットする方法として、1)好きなことをする、2)ストレスがあるがやりがいがある(例:後輩にノウハウを教える、自分のライフワークを充実等)がある(p200)

    ・脂肪細胞が血中の脂肪分を中に取り込む際、BMALIというたんぱく質の量は昼2時が最低で、夜中2時がピーク、なので昼は結構たべても脂肪になりにくい、昼の10時から19時までは許容範囲、22時以降から急激に上昇する、午前2時には5-10倍太りやすい(p203)

    ・会議をしていてダメなのは、1)質問しない人、2)同意見ですとのみいう人(p206)

    ・数学力を磨くには、1つの数字を多面的に見れるか、ポイントは、絶対値・相対値・ほかのアイテムとの比較・時系列的変化・視点の切り替え、である(p234)

    ・財務諸表のチェックポイントは、1)流動資産>流動負債、2)営業利益、純利益>0、3)営業CF>投資+財務CFか、である(p239)

    ・フェルミ推定で大事なのは、答えの正確さよりも、限られた情報から自分なりに仮説を立てて、それにもとづいて結果を導き出すという論理的な思考力(p240)

    2012年2月26日作成

  • よくある話を図解化。

  • 「図解」に関して、興味を持っているので、
    手にとってみました。

    著者が人生の大問題を
    お金、英語、仕事、家族、思考力に分けて、
    それを、どう実現していくか、わかりやすく書かれています。
    ただ、今見ると、若干古くなっているような感じがします。

    ただ、自分がどういう問題をかけて、
    どうアプローチをしていくのか?
    それを図解にするのは、とても良いことだと思いますです。

    ついつい、複雑に考えて、結局は右にならえで、行動をすすめてしまいがちですが、
    大事なことは、自分で考え方を確立することだと思います。

    残念ながら、日本全体では、どんどん貧しくなっています。
    また日本経済という視点では、仮に成長し続けていったとしても、
    多くの人には、賃金という形で、見返りがない時代に突入しています。

    お金を稼ぐのは、以前も大変です。
    これから、もっと大変になります。
    多くの人の所得レベルは、落ちていきます。

    また英語力どうこうでは、どうにもなりません。
    どうこうして、儲かるのは、英語関連ビジネスです。

    また人口減少、超高齢化、労働者の減少により、
    市場のパイが年々小さくなっていきます。
    また、技術革新で、多くの仕事がなくなります。

    その中で、自分の仕事をどう確立していくのかは、
    誰もが考えなければ、いけないことになっています。
    大企業も簡単に倒産する時代です。
    所属をアイデンティティーの拠り所にした人は、
    それが、うしなった時、うつ病になったりします。

    家族も、多くの人にとっては、築くことさえ、
    「普通ではない」ことになっています。
    結婚することが、ある意味、非常に恵まれた人だけになると思います。
    そうではない人は、どうするか?
    これも、今後の日本社会を考える上で重要な視点です。
    戦後は、みな結婚して、子供を産み、育てるのが、当たり前でしたが、
    この時代は、非常に特異でした。
    これからは、また、昔ように、半分以上が、結婚も、子供も生むことが難しい社会になります。

    思考力に関しては、これは、技術でどうのこうのなるのではなく、
    毎日、何を考えて、実行したのかで決まります。
    問題意識の強く、それを実行し続けた人のみが、
    幸福に感じられる社会になると思います。

    この大問題に、書かれていないことですが、
    やはり、健康だと思います。
    今、日本では健康格差が、深刻な社会問題になっています。

    都道府県別で、3歳の平均寿命の差が出ています。
    これは、結構、衝撃的な数字だと思います。
    日本では、地域・個人レベルでの「健康格差」が広がっています。
    これを、どうするのか?も、個人、個人が、しっかりと考えなければならない、
    大問題だと感じます。

  • データの分析やエッセンスの図が豊富で、人生をどう捉えるかが分かる本。
    自分の足で立って、どこでも食べていける力をつける!これは私もすごく感じていることです。
    年金不安も、国や企業に頼っているから出てくる言葉でしょう。
    生涯元気で、自分の生活に必要なものを調達できる力(この本では「誰でも持っている一億もの労働資産」と記述)が、そこは、アイデアや今から起こせる行動しだいで無限大になりますよね。生き方について向き合う本です。

  • 一部のデータに恣意的なもの――自分の主張を支えるのに
    都合のいいデータをもってきた,みたいな――を感じるけど,
    物凄く分かりやすい。
    プレゼンの本を書いているだけのことはある。

    今,そのプレゼンの本も読んでいる途中だけど,
    それも物凄く分かりやすい。

    本書のメッセージを端的に言ってしまえば,
    「他人のプラットフォームに依存することなく,
    個のスキルを高めましょう」という,
    ありふれたメッセージになってしまうが,その見せ方が上手い。

  • この著者の本はもうちょっと読もう。

  • 英語 グロービッシュ
    子供のいない街、アメリカサンシティ、
    電気水道ガスダイシン ダイシンというスーパー

    作業を売るのではなく、しくみとノウハウを売る
    お客に合わせるのではなく、自分の商品を売る
    他人のプラットホームに依存しない
    複雑なものは売らず、シンプルにする
    ニッチでもいいからブルーオーシャンを狙う
    知財の権利を100%獲得する
    小さな失敗を繰り返すための投資を別腹で持つ

  • 挿絵がわかりやすくてよい。

  • 人生の大問題・・・ふむむと気がかりだったことが分かりやすくまとめてあり、頭の整理ができた。
    しかも人生のテーマにおいての整理なので非常にありがたい一冊。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1966年福岡県生まれ。知的生産研究家、新規事業プロデューサー、株式会社ショーケース・ティービー再校執行責任者。リクルート入社後、ひたすら新規事業畑を歩む。グループ会社の設立に参画して、漫画やアニメ関連のコンテンツビジネスを構築。その後、独立してデザインやコンピューターグラフィックス関連の専門誌事業、キャラクター版権管理ビジネスなどさまざまな新規ビジネスを展開。デジタルクリエイティブ関連の書籍も多数制作。2005年より企業のeマーケティング改善事業に特化した株式会社ショーケースティービーを共同設立。現在、同社の取締役最高執行責任者として経営全般に携わりながら、知的生産性を向上させるスキルの研究を行う。

「2017年 『マンガで身につくフレームワークの使い方がわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永田豊志の作品

人生の大問題を図解する!を本棚に登録しているひと

ツイートする