2013 メイドインジャパンの大逆襲 ものづくり日本の新世界戦略

著者 :
  • 光文社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334977283

作品紹介・あらすじ

「ものづくり」だけに固執する発想から抜け出せれば、再び日本は輝きを取り戻す!復活の肝となる製造業にも秘策あり。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「経営力」が今の日本には欠けている。
    とくに「選択と集中」という問題は重要である。
    本書でも言うように、すべてをカバーしている企業は求められていないと思う。いかに自社の強みを見つけ、資本投入するか考えなくては。すべて一貫してできることは強みとはいえなくなっているのかもしれない

  • 2012年3月決算で、パナソニック・ソニー・シャープ・NECは兆円を超える赤字。
    富士通・日立製作所・東芝・三菱電機は黒字。
    なぜこうなったのか(テレビの失敗が中心だが)本の半分くらい使って主に経営陣についての分析をし、アップルやサムソンはなぜ成功しているのか比較している。
    後は日本企業はアジアに目を向け製品力に入れたら良いと力説。
    優良企業として何社かあげていたが、個人的にモーターの世界的メーカーの「日本電産」については、経営トップの人となりの個性が面白い。
    それと「ファナック」富士吉田にだけ工場を持つ企業だが、秘密主義でロボットで生産能力を増強し凄い利益率を出す。
    内部事情は知らない事が多かった話だったので、(NECの内部紛争など)普通に面白く読めました。

  • 一般的に言われていることの整理でしかなく、新しい発見は無し。
    ただ、ネタを拾い上げるのには使えるかも。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

真壁昭夫(まかべ・あきお)
1953年、神奈川県に生まれる。法政大学大学院政策創造研究科教授。1976年、一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行に入行。ロンドン大学経営学部大学院、メリル・リンチ社への出向を経て、みずほ総合研究所調査本部主席研究員などを歴任。二〇〇五年から信州大学で、二〇一七年から法政大学で教鞭を執る。また、行動経済学会常任理事、FP協会評議委員も兼任する。
著書には、『20500年 世界経済の未来史: 経済、産業、技術、構造の変化を読む!』(徳間書店)、『MMT(現代貨幣理論)の教科書』(ビジネス教育出版社)、『仮想通貨で銀行が消える日 』(祥伝社新書)などがある。


「2019年 『ディープインパクト不況 中国バブル崩壊という巨大隕石が世界経済を直撃する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真壁昭夫の作品

ツイートする