伝説の日本史 第2巻

著者 :
  • 光文社
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334977450

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 逆説ファンから見ると、既にどこかで書かれた内容であり、今ひとつ物足りない。

  • 一言でいえば、読むことの楽しみを教えることほど難しいことはないんですね 日蓮宗だけ開祖の日蓮の名前が使われているということです 頼朝については、多くの資料が残っていますが、彼が死んだ際の事情がほとんど残ってないんです 

  • 頼朝強運説。

  • 3代目藤原秀衡が急死しなければ、日本は公家・頼朝・奥州藤原氏に三分されていたかもしれない
    浄土宗のエッセンス:現世で仏様になるのは不可能だから、極楽浄土に行って(往生して)阿弥陀様の指導を受け仏になろう
    禅宗:自分のことは自分でするのが修行
    世阿弥は足利義満の好意で、当時の最高貴族である二条良基に預けられ強要を教え込まれる。

全4件中 1 - 4件を表示

井沢元彦の作品

ツイートする