喧嘩の勝ち方 喧嘩に負けないための5つのルール

著者 :
  • 光文社
2.73
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 67
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334977573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いい大人が、公の場で悪口を言ってる本。
    喧嘩の勝ち方ってタイトルだけど、相手のいないところでぎゃんぎゃん吠えるのを喧嘩とは言わない。
    基本、この人たちが嫌っている人達、私も好きじゃないが、
    こんな風に陰口叩くみたいに悪意のある言葉を吐く人はもっと好きじゃない。

  • タイトル買いしたが、1章くらい読んでもうこの手の本はいいや、と思ってる自分がいたのがわかったから読む気なくなった。

  • 何とも言えない。
    喧嘩というより、個人評価か。
    何故、論評の対象になるかが興味深かった。

  • 佐藤さんと佐高さんのスタンスが微妙に
    違うので、タイトルから受けた期待とは
    異なる内容でした。

    いつも登場する西村六善欧州局長。
    鈴木宗男さんは、西村さんに気合を入れるときに
    「お前、交渉がうまくいかなかったら、赤の広場で
    焼身自殺してくれ」と言って、気合入れたそうです。
    本人は本気と受け取って、ガタガタ震えていたとか。

    猪木が怖かった相手が、マクガイヤーブラザーズだった
    というびっくりの真実もあり。

    ただ内容としては、それほど盛り上がっていない
    感じを受けました。

  • 内容はなかなか面白い・興味深い話題が多いのだが、このお二人の話を聞き慣れていない人には、ちょっと読みにくい本なのではないだろうか。
    まぁ、このお二人の対談本をまとめる苦労には、同情するのだけれど。

  • この二人の本は言ってることがわかんないんだけど何故だろう。
    最近は本のタイトルと中身があってないことが多い気がする。何も学べないし、だから最後のポイントみたいなのを付け足したのだろうか。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

佐高 信:1945年山形県生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。評論家。高校教師、経済誌編集長を経て執筆活動に入る。著書に『総理大臣菅義偉の大罪』『田中角栄伝説』『石原莞爾 その虚飾』『池田大作と宮本顕治』、共著に『安倍「壊憲」を撃つ』『自民党という病』など多数。


「2022年 『日本の闇と怪物たち 黒幕、政商、フィクサー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐高信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×