8歳から80歳までの世界文学入門

  • 光文社
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334978822

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 岸本佐知子との対談目当てで借りたけど、おもしろくって全部読んでしまいました。
    他の方々とは真面目に文学について語ってるんだけど、志賀直哉はボキャ貧とか、富士通オアシスの親指シフトとか、彼女とのトークは本当におもしろくて、なんだか異質。

    沼野:でも、その後の岸本さんは普通に大学を出て、いえ、普通どころか、大変立派な上智大学を出て、 就職もサントリーという立派な企業に勤められていて、これはどう見てもエリートコースですね。
    岸本:その場その場でなんとか潜り込んで、その集団の一番下の層にいることの繰り返しだった気がします。(p.197)

    いちどKindleで手に入れた短編を訳したときに、やはりどうしてもやりにくくて、仕方なくてKindleの画面をコピー機でコピーするということをやりました(笑)。 いったい自分は何やってんだろうと思いました。(p.251)

    こんな感じね。


    でもそれ以上に沼野氏の「文学はこの世の中の役に立っているのか」ということについてのあとがきがすごく心に残ったので引用しておきますね。

    そこで人文社会系ですが、なぜこの分野を権力者が切り捨てようとするのかといえば、役に立たないからだけではないでしょうね。 財政界の動きに対して、批判的なことを言うのは、人文社会系の人間だからです。一部の例外はありますが、理科系の研究者はあまりそういうことを言わない。 だから人文社会系の研究者は目障りなんです。役に立たないことをしているだけじゃなくて、世の中のあり方について批判までする。
    だからこそ、いまはむしろ人文社会系の意味が高まっていると、私は思います。(…) しかし、しなやかな言葉の使い方を本領とする文学には、世の中に蔓延している嘘を見抜く力がある。 だから、政治や経済の言葉の嘘に操られて、みんなが一つの方向にのめり込んでいこうとするときに、それを相対化する潜在的な力を持つのが文学です。(p.323)

    このあとがきに救われる学生って何万人もいると思う。

  • 小川洋子さんの所だけ4つ星。

    あとは4度目のドジョウなもので繰り返し感が否めず。子どもの本という視点も熟し切れていない。

    ・一つの小説を海に喩えると、案外、作家って上の方を泳いでいる。水面近くを泳いでいて、あまり深く考えていない。考えすぎるとかえってよくないことがあって、流れに任せている方が遠くまで行ける。しかし、翻訳家は一回、完成されたテクスト、織物をほどかなければいけない。一番海底深くまで潜っているのは、編集者でも読者でもなく、校閲者と翻訳者だ。
    ・テロとは翻訳の失敗、文明の誤訳。

  • ◆きっかけ
    ブクログ。速報らんきで5位に上がっていたので。 2016/8/19

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1954年東京生まれ。東京大学教授。ロシア東欧文学の第一人者。著書に『ユートピア文学論』(読売文学賞)など。訳書にS・レム『ソラリス』、V・ナボコフ『賜物』、『新訳チェーホフ短篇集』など。

「2019年 『完全な真空』 で使われていた紹介文から引用しています。」

8歳から80歳までの世界文学入門のその他の作品

沼野充義の作品

ツイートする